海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

タイ

タイは花やスパイスのような香り。日本は醤油の香り。

投稿日:

 

社員旅行で毎年タイに行っていました。旅行した季節は日本では冬なのですが、タイは蒸し暑く、旅行中は真夏の格好をして過ごしました。

真夏のようなビーチで海水浴もしました。

タイでは夏になるともっと暑くなるそうです。

 

空港に着くと、表現が難しいのですが、独特の香りがします。

何かの花のような、スパイスのような、不思議な香りです。

 

よく外国人が、日本に着くと醤油の香りがするとか言いますが、それと似たような現象なのでしょうか。

タイは有名な寺院が非常に多い国で、そのほとんどは観光名所になっています。

1日でそれらを複数見て回ったこともあります。

最初はその規模や荘厳な造りに感動したものですが、どの寺院も雰囲気が割とよく似ていて、最後の方は正直飽きてしまっていました。野生の犬や猫が多く、寺院のあちこちで大人しく寛いでいるのが印象的でした。

 

 

逆に何度行っても飽きないのは、バンコクの夜の露店です。

昼間は何もなかった道路脇に、夜になるとどこからともなく沢山のお店がズラリと出店されます。

衣服や食べ物など、様々な物が売られています。

特に衣服に関しては、日本ではなかなか見られない面白いデザインの服が売っていたり、日本でも普通に着れそうな可愛い服が数百円の安値で売られていたりします。

気をつけないといけないのは、スリです。

夜の露店に限らず、タイでは基本的にスリに気をつける必要があります。

 

夜の露店は特に、暗くてやや混雑しているのでそのリスクが大きくなるというわけです。

カバンを体の前でしっかり持つ等の対策が大事です。

また、お店の人も、気の弱い日本人だと思ってなめてかかってくることがあります。

 

私も露店で服を買ってお札を渡したのですが、当然のようにお釣りを返してくれませんでした。

英語と日本語混じりで一生懸命文句を言ったらちゃんと返してもらえました。

 

あとは当然ですが、ブランド物のベルトや時計が沢山並んでいますが、全て偽物です。

露店以外で記憶に強く残っていることは、象に乗ったことです。

象に乗れるサービスをしている施設があり、10分ほど象を歩かせて園内を1周してくれるというものです。象の背中には簡易なイスのような座席がついていて、1頭につき大人2人が乗れました。結構な揺れがあり、何より想像以上に高さもありました。

 

程よいスリルで、子供に戻ったような気持ちで楽しめました。象はよく訓練されているようで、大人しくて賢かったです。

同僚は乗る前に、臭くないのか、ハエはいないのか、と心配していましたが、そんなに気になるほどの臭も汚れもなかったです。象に乗った写真はインパクトが強く、一生のいい思い出になりました。

タイの食べ物は日本人の舌にはなかなか合いにくいものが多かったです。

大体が不思議な香りのスパイスが効いていました。これも日本で言う醤油みたいなものなのでしょうか。特に本場のトムヤムクンは、(日本で食べるものに関しては)好き嫌いのない私でも無理でした。日本で提供されるトムヤムクンは、日本人好みに改良されているようです。2回目のタイからは、日本食が恋しくなった時のためにカップ麺を持参していました。

日本の方が衛生的にも文化的にも近代的ですが、その代わりにタイには活気と希望が溢れている感じがしました。

人々も生き生きとしているように見えました。また、元気をもらいに旅行したい国です。

(30歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。



(※メルマガ最下部の解除リンクをクリックで、いつでも2秒で解除できます)

-タイ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.