海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

アメリカ

アメリカ(グアム)パラセーリングでアクシデント!

投稿日:

 

初めてグアムを訪れたのは、大学の卒業旅行。

当時は円高で、1ドル76円という価格で海外旅行に行けました。

初めての海外旅行だったのですが、グアムには日本人観光客が多いこともあり、日本人はもちろん、日本語を話せる現地の人がたくさんいました。

 

飛行機も直行便があるので、3~4時間で到着しました。機内食を食べたら、すぐ寝てあっという間に到着という感じです。

3月だったので、日本はまだ少し寒さもある中で発ったのですが、向こうは30℃の夏。

その気候とロコミュージック、夏の雰囲気にすぐにテンションが上がりました。

 

 

ホテルの一回には専用のプールがあります。

プールでゆっくり泳いだ後は、貸し切りのジャグジーバスで体をきれいに洗い、その後はオイルマッサージを受けました。

まだ何もしていないのに、極上のマッサージをしてもらい、すっかり体も軽くなりました。

晩御飯はホテルの下にあるレストランで食事をしました。

 

翌日、マリンアクティビティ。

まずはバナナボート。しっかりしがみついていないと吹き飛ばされます。大学生で若かったこともあり、現地の人も相当はしゃいで遊んでくれました。

 

次にパラセーリングのため、船で移動。

ここでアクシデントが発生しました。

一緒に行っていた友達が船酔いで…

しかし、「こんなところまで来て何もしないのはもったいない」ということで、自ら無理やり体を起こして、パラセーリングにチャレンジしていました。

 

このプランは二人乗りのパラセーリングだったので、誰か一人一緒に乗らなければなりません。

一人の友だちが「私が行くわ。」と名乗り出てくれました。

空に舞い上がる二人。騒いでいる声が聞こえているので、空の上は大丈夫だったのかと思っていました。

 

しかし、それは大きな間違い。

デジカメで二人を撮影し、アップでよく見てみると、楽しそうに騒いでいるのではなく、悲鳴をあげていたのです。

ゲロゲロの友だちは相変わらずゲロゲロ。それを見て笑っている隣の友だち。さらに追い打ちをかけるようにつないでいるひもをゆすって遊ぶ現地スタッフ。

ぐったりしながらも無事に生還し、「ええ思い出できたわ。」とポジティブな友達。

 

船で昼食を食べた後も、帰る時も相変わらずゲロゲロでしたが、今でも会うたびにあの時は本当に楽しかったと思い出話に花が咲きます。

もちろん、パラセーリングの風を感じるあの時間は本当に気持ちよくて海の深い色を上空から見て生きててよかったと感じる瞬間でした。

(31歳・女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.