海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

イタリア

イタリアで二度スリに遭ったおっさんの教訓

投稿日:

 

・はじめに

数年前になりますが、ある大手旅行会社のパックツアーに参加してイタリアへ行きました。

安全な場所、安全な移動手段(旅行会社の関連会社が運営するバス会社)、安全な宿泊施設(後で調べたのですが、日本でいうAPAホテルや東横イン、ルートインのような欧州の大手ビジネスホテルチェーンでした。)

そして集団行動という修学旅行顔負けの安全なツアーになるはずだったのですが、自分の脇が甘すぎて二度もスリに遭ってしまったのです。

冷静に考えれば、いくら外国でも深刻な治安の悪さではありませんし、路地をうろついていたわけではありません。

なぜスリに、しかも二回も遭ってしまったのか不思議でなりません。そんな間抜けな話を色々なエピソードを交えながら話していきたいと思います。

 

 

・どんなツアーだったのか。

 

冒頭でもお話しした通り、某大手旅行会社の主催するイタリアのパックツアーです。

ベテランの添乗員が付き添い、イタリアの主だった街をバスのみで移動し、安全なホテル、決まった観光名所、集団での移動という、京都の修学旅行よりも安全なツアーでした。

イタリアも路地へ出れば日本とは比べ物にならない位治安が悪くスリどころか強盗殺人に遭ってもおかしくはないのですが、そんなところは一切通らず、いかにもイタリアというような観光名所で警備も抜群(州警察、国家警察、カラビニエリ※軍警察が至る所に待機)の場所ばかりを回りました。

本来であれば、とても安全で快適な旅行だったと思います。なぜスリに、しかも2回も遭ってしまったのか、今振り返っても不思議で仕方がありません。

 

 

・どこでスリに遭ったのか。

 

ナポリとローマです。

ナポリではバスから降りて旧市街を眺めている最中に走ってきた男とぶつかって。

ローマではターミナルビルに入る直前に老婆がぶつかってきて、いずれも被害には直後に気付きました。

しかし、人ごみに紛れて全くどこへ行ったのか分かりません。

かなり巧妙にしかも相手は普通の身なりをしていて貧しそうなホームレスであるとか、いかにも悪人というような雰囲気ではありませんでした。

 

それと、両方とも移動で疲れてボッとしていたのと、日本人の割に背が高いので、相手から見れば「デクノボー」か何かに見えたのかもしれません。

いずれにしても情けない話ですが、ツアーで被害に遭ったのは、僕だけでした。

 

 

・何を盗られたのか。

 

ナポリで盗られたのは、現地で買ったハンチング帽。

ローマで盗られたのは、20ユーロと現金数千円の入った小銭入れでした。

幸いパスポートと大金、クレジットカードは、非常に厳重にしまっていたので無事でした。

 

偶然かもしれませんが、被害届や騒ぎが大きくならない程度の物を敢えて狙っていたのかもしれません。

それくらい被害としては軽微なものでした。

ただ、空港でちょっとした買い物ができなかったのと旅の思い出が一つ失われた(ネガティブな思い出はできましたが)のは悲しかったです。

ちなみに収納していた場所はカバンのポケットにハンチング帽、ズボンの左ポケットに小銭入れでした。プロならその位のものは簡単に盗ることができたのでしょう。

 

 

・まとめ

 

非常に安全なツアーであっても、ぼーっとしていて背が高くて弱そうな人間はちょっとした油断やスキを見せると簡単にスリに遭ってしまうということが、よく分かりました。

この体験を教訓にして、それ以降は非常に警戒をしているおかげか、海外でも被害に遭ったことは一度もありません。

自分がスリのカモになりやすい性格で、対策も不十分であることをイタリアが教えてくれたのだと思うと帽子と20ユーロ、数千円の被害も安い勉強料だったのかもしれません。

(32歳 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-イタリア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.