海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

台湾 未分類

台湾の台北、大蛇がのさばっている店で”蛇の精液”を飲んだ

投稿日:

 

私が台湾の台北に旅行に行った際の2つの体験談です。

2017年の3月に台北の台北桃園空港から承徳路二段通りの小さなホテルに向かう際、まず左折してきたスクーターに轢かれそうになりました。

その日は雨が降っていてスクーターに乗った市民は全員レインコートを頭まで着込んでいました。

 

それだけなら日本でも見かけますが、とにかくスクーターに乗っている人が多いのです。偶然撮った写真には21人のスクーターと20台の駐車されているスクーターが写っており、市民にとっていかにスクーターが移動手段として重要かが見て取れます。

つまり、前の人がスリップすると後ろが大混乱するのです。

そのうちの一台に横断歩道で轢かれそうになりました。

 

そのスクーターは舌打ちを残して去っていきました。もう一つは夜市の蛇肉湯(ヘビ肉スープ)の話です。

店のショーウインドウに黄色と黒の模様の入った大蛇がのさばっている店に入りました。

稼ぎ時なのにお客は誰もいませんでした。

 

広い店内に店主のおじさんが一人でテレビを見ていました。早速最も値段の高いヘビのセットを注文しました。

ヘビ肉スープを食す前にヘビの血、朝鮮人参、漢方、牙の毒、精液、肝油の粒を決められた順番通りに飲むのですが、クセの強い液体ばかりでした。

ヘビの地はハチミツで薄めてあるものの生臭く、朝鮮人参は少し甘かったです。

方はイメージ通り苦く、最も味の予想がつかない牙の毒はなかなか度数が高めなお酒でした。

毒が回ったのかアルコールが回ったのかはわかりませんが、軽く酔ってしまいました。

 

ヘビの精液を飲む日が来るとは夢にも思いませんでしたが、案の定臭かったです。

最後にヘビのスープですが、細身の蛇の食べやすい一部分だけ入れてあるといった感じでした。

スープは薬膳ベースで、ヘビの肉というほど身はついていませんでした。

どちらかというとヘビはだしの役割です。

 

 

鯛の骨を柔らかくしたようなヘビの骨がかなりたくさんついていました。

その時はだしとして入っているとは思わなかったので食べなきゃいけないと思っていました。

 

酔っぱらっていた私は骨をすべて噛み砕いて食べたのです。かなり時間がかかりましたが、骨を一かけらも残すことなく完食しました。

やがて食器を下げに来た店主のおじさんが私の椀を見てかなり驚いていました。「骨は?」と聞かれたので「いただきました」と答えると、爆笑し始めました。

日本人で骨を完食したのは私が初めてだそうです。

笑いすぎて涙が止まらなくなっているおじさんから、「景品だ」といって肝油の粒が入った小瓶をもらいました。

その日の夜中、腹痛で眠れませんでした。以上です。

(26歳 男)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-台湾, 未分類

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.