アメリカ

グアムで39歳のオッサンが青春!

投稿日:

 

ずっと勤めていた会社をやめた後、少し時間があったので友人と旅行に行くことになりました。

せっかくお疲れ様旅行だしということで海外に行くと決めてはいたのですが、友人の仕事の関係でそれほど長く休むことができないため、近くの場所でどこかないかと2人で考えた末、日本から3時間ほどで行けるグアムにしようということになりました。

ハワイ入ったことがあったのですが、グアムは今まで行ったことがありませんでした。

早速旅行会社にどんなプランがあるかカタログをもらい説明を受けていたところ、この時期なら丁度ビジネスクラスの料金が数万円で乗れることがわかり、フリープランの旅行に飛行機はビジネスクラスで申し込みしました。

 

生まれて初めてのビジネスクラスにとても興奮しました。当日、エコノミーで待つ人々の横を通って出国手続きなどができたのがとても印象に残っています。

それほど大きくない飛行機でしたので、ビジネスクラスも前の方に数席あるだけの感じでしたが、それまで国内線でも普通の席しか乗ったことがなかったので、すごく興奮しました。

機内食もすごく良かったですし、席も広くてこれがビジネスクラスかと改めて感動しました。

 

普段はほとんど酒を飲まない私ですが、気が大きくなりワインを何杯もお代わりしてしまいました。

そしてほろ酔い気分でグアムにつき、そのままホテルへ行ったのですが、ホテルも場所やホテルの外観・部屋の綺麗なところと、普段の旅行だとあまり予算をかけないところを今回は一つのお祝いとして選んでいたので部屋もとても広く綺麗でした。

しかしベッドの高さがとても高く、背が低い私にはベットに腰掛けるのができないほどだったのに驚きました。

ホテルにはプールがあるだけではなく、その先はプライベートビーチがあり3泊の間毎日午前中はビーチで日焼けをしました。

 

もちろん肌の弱い私は一番強い日焼け止めクリームを塗っての参戦でしたが、それでもかなり日焼けをしました。

午後からはバスに乗って買い物に出かけました。

グアムのショッピング街はそれほど大きく広がってはいなく、中心地に固まってあるので旅行の際は、それほどの移動も必要なく移動方法がない私たちでも回れるのですごく便利でした。

 

免税店でブランド物を買ったり、ショッピングモールでちょっとしたお土産を買ったりして、3泊という短い時間でしたがあっという間にすぎました。

デイナーは通常はホテルのレストランで食べましたが、最終日はステーキのお店に入って、友人とかなり飲んでしまいました。

帰りもビジネスクラスだったので、スムーズに乗ることができて日本に帰ってきました。

またグアムに行きたいなあと思っています。

(39歳 男性)

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.