タイ

サイアムスクエアの店は近距離での移転をしまくる謎

投稿日:

 

タイの首都バンコクにあるお洒落スイーツの定番店、マンゴタンゴ(Mango Tango)に行ってきました。

バンコクでスイーツを食べるなら男性でも女性でもとりあえずここ、と言う感じの個人的にも鉄板でオススメのお店です。

こちらのお店は高架鉄道サイアム駅から徒歩数分のところにあります。

この辺はサイアムスクエアと呼ばれるバンコクの商業地域です。サイアムスクエアは洗練されたファッションエリアという感じ、オフィスビルや高級ブランドショップやデパートがあります。

 

日本で言えば銀座とか丸の内みたいな感じでしょうか。こちらのお店は有名店なので多くのガイドブックや旅行サイトに大概載っていますが、割と頻繁に近距離での移転を繰り返しているので、再訪する人がいつの間にか場所が変わっていてびっくりしたという話をよく聞きます。

古い情報を頼りに行くと見つからない可能性があります。訪問の際は最新情報を調べてから行ったほうがよいでしょう。

小さな店内はポップな装飾のおしゃれなスイーツショップの雰囲気です。

平日午後にちょっと5分くらい並んだけどすぐ入れました。内装はとても賑やかでカラフル。

 

清潔感のある店内はマンゴーの香りが充満していて入っただけでおお~と幸せな気分になれました。

イメージ的にはお洒落に敏感なバンコクOLが通ってそうな感じ。私の勝手なイメージですが間違ってないと思います。バンコクのごちゃごちゃしたアバウトな雰囲気を予想していくと、こちらのお店は日本の表参道なんかにもありそうな洗練された雰囲気なので意外でした。

おすすめメニューはマンゴーアイス、マンゴープリン、生のマンゴーがひと皿で味わえる店名を冠した看板メニュー「マンゴタンゴ」お値段は120バーツです。

私はもち米20バーツをオプションで追加しました。

タイはマンゴーの一大産地なのでタイのどこで食べても美味しいのですが、ここでは完璧な食べごろのマンゴーがいつでも食べられるのでバンコク市民から観光客まで大人気です。

 

「ある旅人がバンコクにやってきて一粒のマンゴーの種を植えて一生懸命育てたら、美味しいマンゴーがたくさん実ってめでたしめでたし。」的なタイのマンゴー伝説をモチーフにしたかわいらしい絵が描かれています。

これは私が絵で見た想像ですが。天井にぶら下がったマンゴーのオブジェも可愛らしいので必見で、SNS映え間違いなしです。

普通に日本の町でお洒落に使えそうなデザインのトートバッグや、航空機での持ち帰りに便利なドライマンゴーなどのお土産も充実しています。

 

このお店のメニューはどれを選んでも外れ無しなのが見た目でわかります。

タイの街角の屋台で無造作に売られている激安のマンゴースイーツももちろんそれはそれで美味しいですが、こういう洗練されたお店でもそれとは一味違ったますます美味しいマンゴーが食べられるのはバンコク市内観光の奥深さでありそれも魅力だなと思いました。

(37歳 男性)

-タイ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.