イギリス

イギリスで「コーヒーと紅茶どっちが好き?」と聞く18歳の少女

投稿日:

 

イギリスに旅行に行ったのは、18歳の時でした。

1人で旅行に行くのも初めてでしたし、1人で海外に行くのも初めてでした。海外旅行と言っても、大学に少し通ったりもしました。

平日の午後や休日はもっぱら観光に行きました。

イギリスのカフェはどこもおしゃれで、パンもコーヒーも美味しくて感動しました。紅茶の方が有名なのかなと思っていたけれど、珈琲屋さんが紅茶やさんよりも多かったです。

 

気になったので、街ゆく人に「コーヒーと紅茶どっちが好き?」と何人かに聞いてみました。

すると、コーヒー派と紅茶派に別れました。よくよく考えてみると、確かに有名だからと言ってみんなが飲んでいるわけではないのだから、当たり前か、と思いました。

イギリスはすぐにお店が閉まってしまいます。だいたい7時にはスーパーも閉まります。

 

なので最初の方は、買い物が間に合わなくてコンビニなどでどうにかしていました。

日本は働きすぎなのよ、と言われることもしばしば。

確かにもっとゆったり暮らした方が幸せかもなと思いました。

イギリスは日本と気質が似ているためとても住みやすかったです。

 

街も綺麗だし、食事も脂っこくなくて日本人の口に合うものばかりです。量は多いですが。イギリスの人たちもとても優しくてマナーもきちんとしています。

イギリスに永住するのも悪くないなと思いました。一番楽しみにしていた大英博物館はやはりすごかったです。

最初に待ってくれていたのは、ロゼッタストーンでした。ロゼッタストーンは一番見てみたかったものの一つでもあったので、15分ぐらいずっと見ていた記憶があります。

博物館のカフェもとってもオシャレで、好きなパンやケーキ、ポテトにパイ、コーヒーまで様々でした。

 

ついつい食べ過ぎてしまいます。博物館を一人で回っていると、一人のおじさんがやってきて案内してくれました。

ミイラがこれで〜、これがモアイ像、これが有名な〜〜で、、、、などなど、とても親切な人でした。

イギリスは他にも道に迷っていたら連れて行ってくれる人や、おまけにリンゴをくれる人など、とっても親切で温かい人たちの集まりです。日本のことも大好きな人たちでした。

 

日本に生まれてよかったなと思ったり、イギリスにすみたいなと思ったり、と、いろいろな感情が生まれた旅行でした。

街並みも本当にオシャレで、本当にハリーポッターの世界にきてしまったようでした。

9と4分の3番線がある駅もあったり、記念品も置いてあったりして、ハリーポッターのファンにとっては夢の場所でした。

また、パディントンのモチーフの駅など、いろいろ映画の世界観がいっぱいあって楽しかったです。

(20歳・女)

-イギリス

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.