海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

インドネシア

インドネシアのバリ島で”オンナ磨き”と称して遊び倒す!

投稿日:

 

女友達と、女磨きの旅と称してインドネシアのバリ島を訪れました。

5日間の自由時間がたっぷりのもので、直前で格安になっているコースを選んだため、実際のホテルなどはどんな感じなのかな、スムーズに移動などできるのかなと不安もありましたが、結果はとてもきれいなリゾートホテルに宿泊することもでき、移動も問題なくスムーズにすることができ、大正解のコースでした。

 

まずは、バリに来たらやっぱり海でしょう!とばかりにホテルのビーチやプールで開放的な気分を楽しみました。

きれいに透き通った海水や、どこまで行ってもきれいなコバルトブルーの世界はすぐに日常で疲れていた私たちのテンションを上げてくれ、リラックスもさせてくれました。髪の毛に南国の花を挿したりしてリゾート気分も味わいました。

バリの街並み散策を楽しみながらのショッピングでは、リゾートスタイルのワンピースやアクセサリー、ファブリックなどを購入したりしました。

 

 

物価の安いバリならではの豪快な買い物の仕方は、とてもストレス発散にもなりました。

お土産物屋さんで、店員さんにピッタリ捕まって色々勧められながらも、友人とうまくかわしながら自分の欲しいものだけ選んで買ったりした時の必死のやりとりも、今思い返せばそれもいい思い出です。

さらにバリに来た女子にはやはり外せない、スパももちろん楽しみました。私たちが挑戦したのは、日本ではなかなか挑戦できない、長時間に渡るロングスパでした。

 

カラフルな南国の花に囲まれた可愛らしい半屋外の空間で、バスタブでゆっくりくつろいだり、オイルマッサージの施術を受けたりすることは本当に至福の一時で、来てよかったなぁと感じました。

途中で食事をとる時間もあり、南国のフルーツを集めたお皿やヘルシーなメニューは、目で見ても楽しめ、身体にも優しい食事内容で内側からもデトックスができ、身も心もキレイになれました。

何より日本での狭い空間での施術ではなく、リゾート地ならではのゆったりとした空間や時間が流れる中での施術だったので、贅沢な時間を過ごすことができました。

 

その後はビーチで海風に当たりながらのんびりと過ごし、余韻に浸っていました。もう日本には帰りたくない!バリ最高!と思ってしまうくらいとても魅力的な世界でした。

ホテルや街中などで取る現地の食事は、なかなかスパイシーな感じにチャレンジできず、ほとんどナシゴレンを食べて過しました。

ですがとてもおいしかったので何回食べても途中で飽きることもなく、インドネシア料理を満喫することができました。

ですが、もう少し他の料理にもチャレンジしてみてもよかったかな、というのが少し心残りです。

次回訪れることがあれば、ぜひ新たな料理に挑戦してみたいです。

(25歳・女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-インドネシア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.