アメリカ

英語ができない私が、アメリカで体験したこと

投稿日:

 

ここ数年、年1~2くらいでアメリカへ旅行に行っていますが、英語ができない私が最近体験した、というか気付いた、お恥ずかしい話です。

私は生まれも育ちも日本で、英語の勉強は学校で習ったものばかり。最近まで、「How are you?」と言われたら、「I'm fine,thank you.and you?」というものとばかり思っていました。

 

海外旅行に慣れない頃は、とにかく「何とかする」ことに手一杯で、単語を繋げたり表情で何とかしたり、とにかく意思疎通を図ることに注力していたのですが、最近はようやく余裕が出来てきて、周囲の人がなんと返しているのか、を聞けるようになってきました。

すると、「How are you?」に対して、「Good.」とか「How are you?」なんて返しているではありませんか。

逆に、「I’m fine~」なんて返している人は殆どいませんでした。

ショック。え、そんなの授業で聞いてない。

 

いかに自分の「英語」が、本当の英語でなかったかを思い知りました。

まぁ、でも、それはそうですよね。

日本だって「こんにちは」だけで挨拶する人なんてそんなにいないですし。

 

「こんにちは」に「どうも」と返したり、「お世話になってます」と返したり。

言語習得って大変。

 

それに気付いてからというもの、適当で済ませていたコミュニケーションに、これはいかんと思い直し、英語を勉強し始め、ここのところようやく、「聞こえていなかった雑音」が、「実は自分に話しかけていた英語だった」ということに気付けるようになってきました。

そして一番びっくりしたのが、やはり先ほどの「How are you?」だったのです。

それはユニクロの(もちろん北米の)レジでの出来事でした。

品物を出した私に、店員さんが下を見ながら何かぼやきます。

私は、私に話しかけたものとは思わず、ぼうっと立っていました。

店員さんは怪訝な顔でお会計をします。私は、はたと気付きました。いま店員さんがぼやいていたの、「How are you?」だ…!!!

 

いわゆる日本での、言い方は悪いですが雑な「いらっしゃいませ」が「らっしゃーせー」になるような、そんな「How are you?」を、私は言われていたのでした。

そして、それに普通の人は「good」とか何とか答えるのに、私がぼけっとしていたので、店員さんは不自然に感じたのでした。

 

お恥ずかしい話、私からしたら、「あ?」としか聞こえなかったのです。「いらっしゃいませ」が「せー」になっているようなものです。

それでも、日本ならなんとなく、(いらっしゃいませって言いたいんだろうな…)と思うのに、そんなことにすら気付けない。

英語マスターへの道のりは遠く険しい…と思った瞬間でした。

 

それでも、まぁ実際は買い物はできているし、お店のお兄さんには(あのアジア人愛想ねえな…)と思われてしまったかもしれないけれど、「Thank you」だけは相手の目を見て笑顔で言うようにしています。

実際に日本で接客をしていても、外人の方がカタコトの日本語ででも「ありがとう」と仰ってくださると、うれしいものですよね。

逆に日本人でも、「ありがとう」の一言が無い人、結構います。別に私の好みの問題なので、すべての人に言えと言えるものでもないのですが、やっぱり私は「ありがとう」があった方が嬉しいです。

 

大学の頃一人で行ったフランスでは、持ち前の笑顔と「メルシー」で何とか乗り越えました。

今思うとたぶん色んな人にご迷惑をお掛けした気もしますが、とんでもなく楽しかった記憶があります。

まぁ、学生だから許されたのもあったのでしょうけれど。

 

でも旅行にも慣れた今、やっぱりいろんな人とコミュニケーションを取っていきたいものです。

旅行の楽しみに、「雑音が意味を持つ瞬間」の楽しみが加わった瞬間を体験したお話でした。

 

(31歳・女)

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.