完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。



(※メルマガ最下部の解除リンクをクリックで、いつでも2秒で解除できます)

アメリカ

アメリカ・ニューヨークは海外一人旅におすすめな理由

投稿日:

 

大学の卒業旅行として、アメリカのニューヨークに行きました。

卒業旅行と言っても誰も付き合ってくれる友達がいなかったので、初の海外ひとり旅になりました。英語が喋れるわけでもなく、引っ込み思案で度胸もない私ですが、こんな旅は学生の今しかできないと思い行くことにしました。

飛行機とホテルの手配は旅行会社でしてもらい、ニューヨークについてからは完全にフリープランの旅でした。

ニューヨーク滞在で一番の問題だったのは食事でした。度胸がないので日本でも一人でレストランに入ることはできませんし、チップ文化もよくわからなかったのでレストランでの食事は諦めました。

 

主にコンビニのようなところでお寿司やサンドイッチを買って食べながら過ごしました。

一番勇気を振り絞ったのは、有名なベーグル屋さんに朝ごはんを買いに行った時です。有名なところなので大行列で、しかも並んでいるのは英語ペラペラそうな人ばかりでした。

ドキドキしながら行列に並び、メニューを指差してベーグルを購入し、有名なセントラルパークで現地人風に朝食を楽しみました。

 

ニューヨークで過ごす最後の夜には、タイムズスクエアのど真ん中にある屋台でホットドッグを購入し、タイムズスクエアのど真ん中でそわそわしながらホットドッグを楽しみました。

世界の中心とも言われるタイムズスクエアで、アメリカと言えばこれ!と言えるホットドッグを食べることができたのはいい思い出です。

ニューヨーク旅の間気をつけたのは、旅行者感を出さないようにすることです。

いかにも旅行に来ました感を出すと変な勧誘を受けたり、物やお金を取られたりするかもと怖かったからです。

現地人感を出すため、外では地図を広げず、早歩きで歩くよう心がけました。

写真も極力一瞬で撮るよう心がけました。目的地があればそこまでの地図を必死に頭に叩き込んでから出かけました。

何回か迷子になったり変な路地に迷い込んだりもしましたが、スリルを味わえましたし、地図を見ながら歩いていたら通らない道だったと思うのでいい経験ができたと思います。

現地人感を出して歩くことで大変だったのは、よく道を尋ねられたことです。

 

これは完全に現地人っぽく見えた証だと思っています。何を言ってるのかもよくわかりませんし、場所を聞かれてももちろん知らないので、Idon’tknowで貫き通しました。

おかげで、旅行中危ない目に会うことはありませんでした。

 

度胸がない私ですが、無事に海外ひとり旅をすることができました。

テレビで見るだけだったニューヨークを実際に自分の目で見て、歩けただけでもわくわくが止まりませんでしたし、案外一人でもどうにかできるんだと少しだけ強くなれた気がします。

歩くだけでも楽しい街なので、ぜひ海外ひとり旅には勧めたい場所です。

(24歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。



(※メルマガ最下部の解除リンクをクリックで、いつでも2秒で解除できます)

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.