タイ

タイで仲良くなった家族とサメット島へ!!

投稿日:

 

タイにはここ数年毎年足を運んでいるのですが、仲良くなったタイ人の家族と海に行くことも何度かあります。

だいたいサメット島へ行くことが多いですね。彼らは屋台を営んでおり私がよく食べに行っているうちに仲良くなりました。

決まった定休日はなく、休みは彼ら次第で羨ましいのですが、私がバンコクに滞在している間によく誘ってくれて今回もサメット島へ行くことに。

2年ぶりのサメット島。

 

午前中に車で出発、まずはバーンペーへ向かいます。ここから島へ渡る船が出ているわけです。

エカマイからバスに乗っていくと3時間~4時間くらい掛かるでしょうか、高速道路に乗るまでの間の渋滞次第でしょうが。

しかし自家用車ならもう少し早く着くでしょう。

 

途中、ドライブインというか現在なら道の駅というべきでしょうか立ち寄りながらのんびり向かいます。ご主人が運転してますが、普段はほどんどビーチサンダルでの生活で靴下履いていたり、靴を履いてるところを一度も見たことありません。

今日も裸足でアクセル、ブレーキやクラッチを踏んでるところを見てなんかタイらしさ感じました。いざ自分がやるとなんか踏み込む時に感覚に違和感があって危ないですが。

 

景色を見ながら走っていると、バーンペーに到着。駐車場に車を預けて船が出るターミナルへ。

やっぱり暑い、4,5月になると日中40度近くになりますが、夏が大好きな私にはそれ程苦になりません。

タイ人ほどではないですが暑さには強い方だと思っています。

 

しかし、ご飯を食べている時はさすがにタイ人の暑さへの耐性には脱帽。

辛い&熱いものを食べていても彼らは汗をかきませんね。

しかし、彼らは逆に寒さには弱いんだろうなとは思いますが。

 

さて、ビールを飲みながら船に乗って30分ほどするとサメット島に到着。

前回はサイケオビーチへ行ったのですが、今回は別の静かなビーチへ行くことに。

なんでも彼らによると去年サイケオビーチへ行ったところ中国人が多くてうるさかったので今年はもっと静かなビーチへ行くことになりました。

島内の移動手段はソンテウになり乗り込んで島の南部の方へ、ウォンドゥーアンよりも少し南にあるビーチへ向いました。

 

そこは、大きなホテルはなく、バンガローがいくつかあるだけで、またレストランも一軒あるだけの静かなビーチでした。

宿は格安ですが、TV、エアコン無しの水シャワーといった設備。安宿を泊まり歩いていたバックパッカー時代以来の部屋。

違うところはフリーWiFiですかね。しかし、すぐに慣れます。風も気持ちよくエアコンは必要ない位でファンだけで充分です。暑いのでシャワーの水もぬるくて丁度いいくらい。

お腹が空いたので彼らと海を見ながらビールを飲んでると、なぜか人っ子ひとり海に入っていません。

 

彼らに訳を聞いてみると昼間は水が熱すぎて気持ちよくないということでした。本当かと思いながら夕方、日も暮れかけた頃、ビーチではタイ人たちの姿がちらほらと見えてきました。

私もビーチへ行き水の中に入るとなんとお湯の様でした。これで彼らの言っていたこに納得。夜はレストランでご飯を食べることに。オーダーは彼らに任せてご飯を頂くことにしました。私の知らない料理もありそれも美味しいかったです。ホント、タイ料理はおいしいです。

ここではシーフードがやはり美味いかな。ロケーションのせいかもしれませんがね。

 

サイケオビーチは夜になるとまた賑やかでクラブになったりして騒がしいですが、ここは夜も静かで聞こえるのは波の音だけ。

久しぶりに静かな環境を堪能。

たまには良いものです、こんな環境も。

連れて来てくれた彼ら家族に感謝です。

(49歳 男性)

-タイ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.