韓国

韓国式のあかすりがワイルドでカオス過ぎた!

投稿日:

 

私が生まれて初めて海外に旅行に行ったのは、韓国です。

日本から近い、時差ぼけなどを考える必要はないということから韓国を選んで、妹と旅行に行きました。

そんな韓国での旅の目的は、美味しい料理とコスメです。

 

韓国で有名な都市といえば、ソウルとプサンですが、初めての韓国旅行ではプサンだけを旅行してまわりました。

そんなプサンに降り立った瞬間に思ったこと。それは街のニオイが違うということです。

よく韓国にいくと、キムチくさいよと聞いたことがあります。しかしそのニオイはキムチくささとは違い、なんだか日本では味わうことのできないニオイだなと感じました。

 

それから町の中に移動して宿に荷物を置いた後、ビーチの方に移動して屋台を探検しました。

私は辛いものはもともと好きだし、平気なんですが、本場のキムチは、辛いだけではなく、少し甘いものもあるのにびっくりしましたね。

ただ魚の塩辛などが入っているものもあり、日本で食べる気持ちよりももっと生臭い感じがすると思ったことを覚えています。またわたしと妹がちょっとおっかなびっくりで乗ったのがディスコジャンプという乗り物。

これは円盤状のアトラクションなのですが、DJの声と音楽に合わせ、円盤が上にあがり、そのうち傾き始めるのです。

 

もちろんこのアトラクションにベルトなんてありませんから、自分の腕の力で下に落ちないようにしがみついていなければいけません。

もしも腕が離れると、下の座席側に落ちていくのみ。

円盤自体はそれほど大きくなく直径5mくらいかな?それでも傾斜のついた床を下の座席まで落ちていくのはちょっと恐怖ですね。

 

しかもDJは、その音楽に合わせて円盤を止めたり、バウンドさせたりすることが出来るのです。私がディスコジャンプに乗った時には満席でしたが、外国人は、わたしと妹だけ。

そのため見事にDJの標的になってしまったのです。

面白がって、落とそうとバウンドさせるし、そのまわる時間も長いこと。

 

すべてがそのDJの裁量にかかっているといっても過言ではない恐怖の乗り物でしたね。プサンでは買い物も堪能しました。

大手のデパートに行くというよりも、地元民が通うような露店でたくさん購入をしました。

韓国ファッションって結構可愛いものが多いけれど、細身のものが多いので、試着もせずに買って失敗!ちょっときれない物もたくさんありましたが、その安さに感激してたくさん購入。

 

今でも着用しているものもあるほどです。更にあかすりも体験。

日本でもあかすり用のタオルで自分であかすりをしたことがありますが、同じようなあかすりタオルを使用することにちょっとびっくり。

またそのあかすりをしてくれるおばさんがスクール水着のような物を着ていたことにもビックリです。

 

私は観光客なので、迷わずあかすりを体験することを選びましたが、地元民って、結構お風呂に入るのを繰り返して、自分であかすりするのですね。

それを定期的に繰り返して綺麗な肌を維持しているという人がたくさんいました。

またムダ毛がなくなるほどにこすることにも、私があかすりを体験してビックリしたのは、その痛み。

結構ゴシゴシこするので、皮膚も剥けちゃうのでは?と思うくらい痛みがあったことを覚えています。

 

またベットに横になっていますが、時々ばしゃーんと顔にお湯がかかるくらい体にお湯をかけられる。これは垢を落とすためでもありますが、ちょっとびっくりしましたね。更に何も言わずに水をかけられることもありました。

 

私の行った韓国旅行は観光地ばかりではなく、現地の人が出向く場所も堪能できた韓国旅行ですが、私にとってはとても刺激的な旅行でしたね。

プサンだけで3日間堪能しましたが、次には、ソウルも是非体験したいと思いました。

(43歳  女性)

-韓国

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.