海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

ニューカレドニア

ニューカレドニア島でゆっくりと過ごした記憶

更新日:

 

年に1回の自分へのご褒美として海外旅行に行っていました。

テレビで見た天国に一番近い島。ニューカレドニア島。

初めてそのテレビで見たときは、海の綺麗さにビックリ。

行ってみたい!次はここへ行く!そう決め決行しました。

 

ニューカレドニア島は南太平洋に浮かぶ数十の島からなる、まさかのフランス領土です。

私はてっきりオーストラリアに近いためオーストラリアの領土と思っていました。

その為フランス語。

英語ならまだ何とか聞き取れても、フランス語は分かるはずもありません。

知ったときには既に遅くしかし身振り手振りで何とかなりました。

 

 

フライトも直行便があり助かりました。

羽田空港から約8時間30分程度。今回の旅の目的は買い物、観光ではなく海でのんびりする事でした。

ヌメアは海沿いを歩き現地の方と身振り手振りでお話ししたり、ショッピング街を少し歩きお土産物を見たりしました。

やはり物価は高いなとその時感じました。

 

小さい水族館「ラグーン水族館」へも行きました。見たことのない魚がたくさんいたのも印象的です。

こじんまりした水族館で良かったです。そして離島に渡ればスーパーもないと言われていたので飲み物やお菓子を少し調達。

ヌメア滞在は何時間かですぐ離島に行きました。ニューカレドニア島は数多くの島があります。

 

その中でどの離島に宿泊するのかでとても迷いました。4泊5日の旅だったので悩みました。

何日か本島に泊まるのもあり、離島を2島変えるのもありだと色々検討しましたが結果1島を満喫することにしました。

魅力あふれるイル・デ・パンのパンフレットに魅了されイル・デ・パン島に滞在を決めました。

海の宝庫まさにその通りでした。

 

本島から離島へは大丈夫かと思うような飛行機・・・いや、ヘリコプターで向かいました。

着いた現地からはバスでホテルに向かいましたが、その道中もこれまた大丈夫かな?と思う道で少し不安になりました。

本当に舗装されていないガタガタ道を進み、何もない所。説明の通りコンビニもバスからは何も見えませんでした。

しかしホテルに着いて本当にパンフレット通りの綺麗なホテルでテンションアップ。

 

広い優雅な敷地に各部屋がコテージのように建っていました。

その日はゆっくり休み、次の日は前の海でシュノーケリングをしました。

遠浅の海にビックリ。

白いさらさらの砂でグリーンの海。感動しました。

海には色とりどりの魚が居て少し顔を付けるだけでたくさんの魚に会えました。

次の日はピクニックに行く為、ホテルの方にお弁当を注文しました。

 

そしたら次の日にリュックサックを渡されました。

中身を見て笑えました。

お弁当に1つ。ミネラルウォーター、リンゴ、リンゴをむくためであろうナイフ。プリングルズが入っていました。

水着でリュックを背負い草むら、森を歩きその先にある天然のプールへ行きました。

そこで食べるランチ忘れられません。

特にするわけでもない旅で、時間に追われることなくゆったりとした時間が流れました。

(22歳 女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-ニューカレドニア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.