アメリカ

ラスベガスついた直後に吐いた。しかし次の日・・・!!

投稿日:

 

人生で2度目の海外旅行にアメリカのラスベガスへ友達と2人で行きました

念密に旅行の計画を練って7日間でツアーを組みました。機内では楽しみでウキウキでした。

 

それが、ラスベガスに着いたらすぐ吐き気を感じ空港で嘔吐しました。

すぐにホテルへ行き、ぐったりしてたのでとりあえずベッドで寝ることにしました。

その間友達もホテルの部屋で荷物整理などをして、シャワーを浴びてました。私は体調が良くならず嘔吐から脱水症になってしまい手足の震えと痺れが出てきてしまい、いよいよやばいと思い現地のドクターにホテルに往診へ来てもらうことにしました。

 

ドクターが到着すると友達の前でズボンとパンツをおろされ、お尻に大きな注射をうたれました。ものすごい痛みで叫んでしまいとても恥ずかしかったです。診察が終わり往診料の支払いをすると、私は海外旅行の保険に入っておらず8万ほどかかってしまいました。

ショックでショックでテンションが下がってしまいました。でも大きな注射の効果か、すぐに体調を取り戻しその日の夜には元気を取り戻し食事ができるほど回復しました。

すぐに往診でかかった8万円分を取り戻そうとホテルのカジノでスロットマシーンをやってみました。

 

すると10ドルも使わないうちにすぐに当たり、800ドルほどになり一瞬で往診料の分を儲けてしまいました。

ビギナーズラックだったので、もうこれ以上欲張ってはダメだと思いすぐ辞めました。

後ろ髪をひかれましたが、結果はそれで良かったのかもしれません。

 

あのまま続けていたらどうなっていたかはわかりませんが。体調もよくなり気分も良くなったので次の日のグランドキャニオンのツアーへは参加できたので本当に良かったです!グランドキャニオンはそれはそれは圧巻で言葉が出ないほどの絶景でした。

グランドキャニオンの絶景の凄さをガイドの方が日本人向けにわかりやすく例え話をしてくれました。なんと今見えている景色は東京から岩手までの距離が一望できてるのと同じスケールです。

と言っていました。かなりの驚きでした。本当に何もないただ続く景色は最高でした。ラスベガスでの思い出は嘔吐してお尻に注射を打たれたことと、カジノで儲けたこと、グランドキャニオンの絶景です。

 

なんだかんだで、面白い思い出として残っているので楽しい旅行になったのだと思ってます。

私からのアドバイスは海外旅行へ行く人は必ず旅行保険に入ってから行くことを強くオススメします。

(21歳 女)

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.