タイ

タイで生涯最高の日焼けをした女の子

投稿日:

 

中学2年生の頃、祖父と父が旅行会社に勤めており父が添乗員として家族一同でタイへ旅行に行きました。

私の家族構成は、祖父・祖母・父・母・兄・私の6人家族です。

一つ年上の兄が部活を引退し、高校へは推薦入学が決まっていたので時間にゆとりがあったのと私自身が不登校気味になっていたので、皆で気分転換も兼ねての初海外旅行です。

 

当時の私は、飛行機に乗るのも初めてでした。祖父母は3ヶ月に一度位のペースでタイへ(仕事のお付き合いとして)行っていたのですが、祖母は行く度に「飛行機が怖い」と言いながら行っていたので私もビクビクしながら飛行機に乗ったのですがなんと心地の良い事!

雲の上の景色はとても綺麗で何時間見ていても飽きない程でした。

7時間程でタイ・バンコクに到着し、パタヤ近郊にある会社で借りているというマンションに入り、到着早々で疲労しているという事で慣れ親しんでいるケンタッキーで晩餐しました。(笑)

 

翌日は、朝から準備万端で、パタヤの街並みを見て回り、朝ごはんはマック(まだ現地食を食べない(笑))道端で売られている品は、日本と違って値切り交渉は当たり前で、そんなやり取りをして値引きしてもらったお土産を買うのもまた一興です。

パタヤビーチでは仕事でお世話になっている責任者の方がとても良くして下さり、お昼ご飯はとても豪華なシーフード料理やタイ料理が沢山出され食欲旺盛な私と兄はこれでもかという位モリモリ食べ、タイを堪能しました。

お昼を済ませると、待ちに待ったビーチ!!

 

透き通って水色に輝く海と、真っ白の砂浜は本当に気持ちが良くて…。時間を忘れる程でした。

午後になるとツアーで来ている旅行客がどんどんいなくなっていったので「なんだラッキー♪人が少なくなって貸し切りみたーい!」と思いながら長時間海に入っていた結果、日焼け止めを塗り忘れた足の甲が日焼けのし過ぎでヤケドのように炎症してしまうという事件発生…!

ビーチを裸足でならギリギリ歩けはしたものの、もはや普通の靴を履よく事すら出来なくなってしまいました…。

 

同じ位海に入っていた兄は、顔・肩から背中が日本で体験したことのない様な日焼けをし、その日の夜はベッドに横にすらなれませんでした。

余談ですが、兄はこの死ぬほど痛かった日焼けによって思春期ニキビが綺麗に治ったのでした。(笑)

その後も、数日予定があったのですが、なにぶん足を負傷してしまったので中々出歩く気分になれず祖父と借りているマンションでお留守番して過ごしたので、私の初海外旅行の思い出はここまでです。

今思い返してみると、それも良い思い出です。

(28才・女性)

-タイ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.