海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

韓国

韓国のロッテホテル明洞について語る

更新日:

 

本場の韓国料理をどうしても食べたくて、幼馴染と2人で二泊三日の韓国旅行に行きました。

韓国料理といってもいろいろありますが、私たちはなかなか日本にない屋台料理を食べたくて、屋台で有名な明洞に行きました。

明洞では屋台料理が有名と聞いたのですが、博多のような屋台料理ではなく、どちらかというとお祭りの屋台のようなお店がいろいろな道に並んで開かれていました。

少しイメージとは違ったもののお祭りのような雰囲気がとても楽しかったです。

ただ観光地なので、韓国人があまりおらず、ほぼ日本人という感じでした。

 

ホテルは、屋台がたくさん並んでいる通りから近いロッテホテル明洞に滞在しました。

はじめての感覚だったので少し高くても安心して滞在できるホテルにしようということで、このホテルにしました。日

本語が話せるスタッフもいらっしゃってとても快適に過ごせました。

 

 

ただ、韓国旅行で忘れられないのが延泊事件です。日本へ帰国する飛行機が台風の影響で飛ばなくなってしまい、次に飛ぶのが翌日になってしまいました。

LCCの飛行機だからかあまり英語を喋れるCAさんは少なく、喋れても韓国訛りのある英語だったので、私たちの日本語訛りの英語と意思疎通が難しくとても大変でした。

仕方がなく、仁川空港近くの安いホテルをとり、1日しのぐことにしたのですが、予定外出費をできるだけ抑えるため一泊1500円程のホテルは日本のコンセントとは異なりプラグを使うことはできませんでした。

しかし、それ以外は延泊になってしまった私たちを労ってくれて、仁川空港からホテルまで、翌朝仁川空港までの送迎を無料で行ってくれて、ホテル近くのオススメのお店も教えてくれました。

そのお店は旅行中食事したどのお店よりも安いものの1番美味しかったです。

 

さらに、朝寝坊しないようにモーニングコールを部屋までかけてくれたりと、かなり優しくしてくれました。

予定外にロッテホテル明洞以外のホテルも泊まることになりましたが、値段関係なくどのホテルもとても快適に過ごせました。

個人的な感想としては、ロッテホテル明洞は、格式高くお客様として丁寧に扱ってくれる感じで、仁川空港の近くのホテルはお客様というよりもゲスト、友達、家族のような感じで扱ってくれる感じでした。

なので、わたしは安いけれどもお友達のようにスタッフの人と仲良くなれる仁川空港の近くのホテルの方が楽しくて好きだなあと感じました。

なかなか日本から予約するツアーには含まれないくらい安い宿なので、レア体験をすることができ、結果的に延泊できてよかったかもしれません。

(20歳 女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-韓国

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.