海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

アメリカ

レンタカーで1週間アメリカを冒険!ラスベガスから出発よ!

更新日:

 

アメリカのグランドサークルを大学の卒業旅行で、友達4人でとレンタカーで1週間の旅をしました。

まずレンタカーで周るにあたり、グランドサークルの砂漠地帯では宿泊施設やガソリンスタンドの数が少ないので、宿泊施設は事前予約、ガソリンスタンドの位置も地図に書き込み、さらにはコインランドリーも探して位置を把握しておきました。

楽しく旅をするにはやはり、必要最低限、何がどこにあるかを知っておかないと、途中でガス欠なんてことになったら旅が台無しになってしまいますからね。

 

旅の出発はラスベガスからです。レンタカーを借りてきらびやかな街をでると、すぐに何もない砂漠です。

そこから、ザイオン国立公園、ブライスキャニオン国立公園、アーチーズ国立公園、キャニオンランス国立公園、モニュメントバレー、ホースシューベンド、アンテロープキャニオン、グランドキャニオン国立公園、そしてルート66を通ってラスベガスに帰って来るスケジュールで、とても盛りだくさんな旅でした。

 

 

一つ一つの観光地の間は4、5時間の運転で、1日何時間も運転しました。

やはり調べていた通り、ガソリンスタンドが少なく、1つ逃すと本当に砂漠のど真ん中でガス欠になってしまいます。

食料品が売っている店やレストランなども、道中はほぼないので、ラスベガスのウォールマートで食料を買いだめしておいて正解でした。

 

一つ目の宿泊地についた頃には真っ暗になっており、近くのレストランを探すにも探せず、最初の夜ご飯は缶詰と食パンでした。

ただ、空腹の中で見上げた夜空はとても綺麗で、無数の星が散らばっていました。

基本的に予約した宿泊先はモーテルで安いところばかりでしたが、汚かったり、フロントの対応が悪かったりという事は全くなく、どこも綺麗で、朝食があるところもありました。宿泊地の周りには小さなスーパーやレストランがありましたが、午後7、8時ごろになるとどこも閉まってしまうことが判明したので、その後の旅は夜ご飯までに次の宿泊地に着くように意識して行動していました。

観光地であれど、入ったレストランやスーパーは特別高いということもなく、値段相応でしたので、その点は良かったです。

途中で入ったレストランは、イタリアン、メキシカン、アメリカンなど、様々でしたがどこもボリュームがあり、とても美味しかったのを覚えています。

一つ一つの観光地は、春休みのタイミングで観光客は多かったとは思いますが、それよりも広大な自然に圧倒されて、人の多さなど全く気になりませんでした。

どこも本当に壮大で美しく、朝日が昇るグランドキャニオンや、夕日に染まるモニュメントバレーなどは、写真を撮るのも忘れて感動しました。

 

自然を満喫してラスベガスに帰る途中にあるルート66では、60年代の古き良きアメリカを体感することが出来ます。

そこでダイナーに入ってアメリカンな食事をするのは必須です。ルート66を抜けると、人工的な光に輝くラスベガスに戻ってきます。

砂漠から見るこの人工的な街はとても美しかったです。

 

旅の間、小さないざこざはありましたが、事故も、病気もなく無事に終えることができたのは、やはり下準備をしっかりしたからだと思います。

日本から離れているからこそ、楽しく旅をするには準備はとても大切な事だと実感しました。

(32歳 女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.