海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

ラオス

ラオス行ったら食べるべきはフランスパンな理由

投稿日:

 

ラオスは、カンボジアやベトナムやタイに接する東南アジアの国です。

治安は周辺国と比べて特に悪いわけではありません。

でも夜間は都心部以外とても暗くなるので注意は必要です。

食文化も周辺の国々と似ています。

主食は米や、米粉から作った麺です。

 

ただし、ラオスに行ったらぜひ食べるべきなのはパン類、特にフランスパンです。

以前ラオスはフランス領であったため、パンに関しては周辺国よりも、価格も考慮に入れると日本よりも一歩先を行っているかもしれません。

フランスパン屋台の基本的なスタイルは、パンに切り込みを入れてその中にパテを詰める、という超シンプルなものです。

パテは大抵、ポークかチキンから選ぶことができ、加えて漬け野菜のようなものや目玉焼きなども一緒に挟んでくれます。

フランスパン一本丸ごとでも良いですし、半分だけにすることもできるので、少食の人や女性でも安心して注文できます。

とても簡単ですが、パンとパテがとてもあって美味しい、そして安いんです!

 

 

都市部の外国人をターゲットにしている屋台だと中くらいの大きさフランスパンサンドで約170円なのですが、頑張ってローカルな屋台で買うとフランスパン一本丸ごと使ったものが同じ値段で食べられます。

またラオスはピザも有名で、美味しいピザが低価格で食べられるお店もいっぱいあります。

コーヒー豆も生産しており、種類が豊富にあります。

物価から考えると値段はすこし高めですが、おすすめです。

 

私も年に数回ラオスにはいくのですが、毎回お土産はコーヒー豆を買って帰ります。

加えてラオスビールも有名で、これがまた美味しいです。

ここ数年で新しいビールの銘柄が増えたので全部試してみました。

今までは正統派のビールだけだったのですが、若者向けなのかワインのようなフレーバーが強いものが多くなりました。

でも個人的にはやっぱり元祖ラオスビールの「ビアラオゴールド」が一番美味しかったです。

 

観光名所はあまりなく、強いて言えばビクトリーモニュメント(凱旋門)かと思います。

実際に行きましたが、歴史は感じられるものの、本当にただ凱旋門が建っているだけでした。観光客もほとんどいませんでいした。

時折隣接国の「微笑みの国タイ」と比較して笑顔が少ないという話を聞きます。

確かにむやみやたらに笑顔を振りまく国民性ではありませんが、みんなとてもフレンドリーでラオス語や英語が喋れなくても辛抱強く理解しようとしてくれる優しい人たちでした。

(27歳 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-ラオス

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.