韓国

韓国にいったらおじいさんに桃太郎の話を聞かされた

投稿日:

 

元々、外国が好きで今までも何カ国も旅してきました。

その中でも始めて訪れた国が韓国でした。その後、ヨーロッパやアジアなどいろいろな国を旅し、楽しみながら過ごしてきました。

社会人になり、なかなか時間が取れないけれど、外国に行きたい!そんな気持ちにぴったりなのがお隣の国、韓国です。

 

韓国では、日本語も通じるし、食文化、生活文化いろいろなものが日本と似ていて過ごしやすいです。

特に、言語に関しては、明洞の街中ではほとんどと言っていいほど日本語が通じます。

韓国人は日本人を嫌っているそんな思いが今もなお強い風潮にあるのが現実です実際、韓国では半日感情を抱いている人が多いです。

 

私も、そんなことを気にして心配していました。

しかし、韓国の人は思ったよりも半日ではなかった。

道に迷って途方に暮れていた時にたくさんの人がウェグレヨ?大丈夫か?と声をかけてくれ、地図を見てくれたり、案内してくれたりと優しく接してくれました。

 

また、地下鉄で移動中、目の前のご老人があなたは日本人ですか?と話しかけてきました。

そうです。と答えると、私は日本語が話せます。

 

昔、子供のころに日本語をたくさん話していたんだよ。

桃太郎って知ってるかい?むかしむかしあるところにおじいさんおおばあさんがいました。

おばあさんが川で洗濯をしていると、、、、、、、とおじいさんが桃太郎の昔話を話してくれました。

 

日本が植民地としていた時代を生きたお年寄りの人が一番半日なはずなのに。

目の前の日本人に気さくに話しかけてくれる。そんな優しい暖かい人が韓国にはたくさんいる。

そんな素晴らしいことに気づかせてくれた韓国旅行でした。

サブカルチャーの面でも韓国は世界屈指の国であるといえる。現在、日本で流行っている服装、もの、アプリなど、韓国発祥のものが非常に多い。

 

ソウルの街を歩いていると柔軟なアイデアとたくさん出会う。

ヘンテコな形のアイス。インスタ映えを意識しすぎているカフェ。

道行く人が、自身に満ちて堂々としているようにも思える。

自分らしさを表現できる街。

ソウル。そこに出かけていると、自分も世界に羽ばたいているようや気になれるから不思議だ。

 

韓国のおすすめはたくさんあるけどなんといっても食べ物が美味しい。

辛いものが苦手な人にとっては苦痛かもしれないけど、そんなこともない。

私は辛いものが得意ではないけど美味しいカフェや鶏肉が沢山あって韓国は過ごしやすい。

沢山、流行になっているし。

(28歳 女)

-韓国

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.