海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

ブルネイ マレーシア

ブルネイとマレーシアを実体験を交え比較するぜ

投稿日:

 

マレーシアのミリという石油が採れるところで有名な街があるのですが、そこに友人が住んでいて遊びにいきました。

そしてそのミリというのは、国境の街でもあり、車ですぐのところにイミグレーションがあり、それを超えるとブルネイがあります。

友人の車でブルネイに遊びに行かないかということになり、一緒についていくことになりました。

 

ブルネイといってもあまりイメージがなかったのですが、ガスや石油などの天然資源が豊富で、かなりリッチな国であるということくらいは知っていました。

とはいえ実際に街を見ていると、とてもリッチな国には見えず、かなり素朴でマレーシアよりもはるかに遅れている、そんな印象を持ちました。

というよりも、人が少なく、のどかな田舎町がいつまでも続いている、そんな感じです。

 

さて友人が連れていってくれたのが、ブルネイにある、7つ星ホテルです。

5つ星は聞いたことがありますが、7つ星ホテルなどあるのか、いったいどんなホテルなのか、それだけにとても興味を惹かれました。

2時間くらい走り、ようやく見えてきたのが、その噂の7つ星ホテルで、その名もザエンパイアホテル、エンパイアは帝国といった意味があるようですが、そのホテルは確かに帝国というよりも王宮のような佇まいです。

豪華なエントランスに、大理石で造られた石柱や階段、それは見事です。

 

 

そして庭に行くと、広大なプールやベッドが広がっており、欧米系の人たちが少し寛いでいましたが、ほとんどお客はいない、貸し切りのような感じでした。

1泊いくらするのかはわかりませんが、今回は単なる見学ですので、すべて無料ですが、まるで宿泊客のような気分であちこちのホテルの様子を見ることができました。

 

遠くには海も見えますが、あまり綺麗な感じはありません。

ロケーションはいいものの、肝心の海が綺麗ではないというのが残念な部分です。

このホテルは、確かに豪華で、王宮や宮殿のような雰囲気がありますが、一生宿泊はできないだろうと思いますし、その雰囲気を味わえただけで満足です。

最高のリゾート空間でした。

 

帰りは、今の道をまた戻ることになり、ブルネイの通貨を持っていないということもあり、マレーシアのミリまで戻り、そこで中華系の外食を楽しむことができました。

ブルネイもミリも、素朴で、地方の落ち着きと生活感のある雰囲気がしてとても気に入りました。

途中ロングハウスと呼ばれるものや、床の高い家など、マレーシア独特の家の作りもまたとても興味深く、楽しい体験ができました。

(46歳 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-ブルネイ, マレーシア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.