海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

アイスランド

アイスランドは魅力的な国!理由を簡潔に語るわよ

投稿日:

 

治安

とってもいいです。

夜に出歩いても身の危険を感じることはありませんでした。

 

食べ物

サーモンやタラ、ラムなど。

北国らしい食べのものが多く、牛や豚などはあまり見かけませんでした。

欧米はどこもそうかもしれませんが量が多いです。

物価がとにかく高いので外食費がかさみます。

 

宿泊施設

物価が高いのでホテルには泊まれず、ゲストハウスにしました。

部屋が狭くけして居心地がいいとは言えませんが、お部屋からオーロラが見えるように天窓が付いていたのは素敵でした。

 

観光名所

とにかく自然がすごい。

間欠泉にホエールウォッチング、温泉、氷河の洞窟、などなど見所は多いです。

ただ自分で移動するのは難しいと思います。

私はオプショナルツアーを利用して効率よく回りましたが、ツアーがまた高額でした。

また、観光地は基本屋外です。

真冬の12月に訪れたので日が差すことはほぼなく、寒かったのですが、想像よりは耐えられる寒さでした。

UNIQLOのヒートテックとダウン諸々でなんとかなりますが、準備は入念にすることをお勧めします。

ちなみに有名なブルーラグーンはとても良かったです!

入った後はお肌がすべすべになりました。

 

国民性

観光地ばかり訪れたのであまり現地の人と触れ合う機会はありませんでしたが、街に人が少なく穏やかな雰囲気があります。

英語も通じるので問題なくコミュニケーションは取れます。

 

インフラ

WiFiはカフェやホテルなどきちんと整えてあり、ポケットWiFiがなくてもなんとかなりました。

水もトイレも清潔です。

ヨーロッパといえば硬水なのでお肌も髪もいつもボロボロになってしまうのですが、私たちが泊まったゲストハウスはシャワーが温泉だったので、お肌も髪もとても調子が良かったです。

地熱が電気や給湯に利用されていて、一般家庭やホテルで温泉水楽しめるようなので、そういう宿泊施設が多いのかもしれません。

 

物価

今までの感想に何度も書いてしまいましたが、とにかく高いです。

ただ現金を換金せずに訪れたのですが何の問題もありませんでした。私は全てクレジットカードで支払うことができました。

 

交通の便

空港から市内までや、市内からブルーラグーンまでなど、基本的にはバスで移動になります。

電車はありません。東京住まいからすると便利とは言い難いですが、オプショナルツアーなどで観光地へは問題なくいけます。

 

衛生面

清潔です。

寒い国なので臭いもありません。

唯一の臭いはゲストハウスのシャワーが温泉なので硫黄臭いことくらいでしょうか。

 

レアな体験

シンクヴェトリル国立公園のヴァトラ湖でのダイビング。

なんといっても大地の裂け目「シルフラ」を間近に見られる珍しいダイビングです。

プランクトンもいないため、水の透明度が非常に高く、とてもクリアに遠くまで見えます。

水温は0℃(マイナスになることもあり)、ダイビングのライセンスが必要、ドライスーツ着用とクリアする条件は非常に多く、かつ難易度は高いですが、潜る価値ありです。

本当は2本潜れるのですが、寒さ、湖からの距離など、肉体の疲労感が強く、私は1本しか潜れませんでした。

 

総括

日本ではマイナーな国かもしれませんがとても魅力的でオススメな国です。

私が訪れている間中曇りや雨だったため、オーロラが見られなかったのが唯一の心残りですが、本来は町からでもオーロラが見られる数少ない国ですので、オーロラ目的であるなら、フィンランドなどの北欧諸国よりアイスランドをお勧めします。

(34歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-アイスランド

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.