海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

フィンランド

フィンランド首都ヘルシンキ滞在!英語があまり通じないから注意

投稿日:

 

フィンランドに1週間旅行しました。

基本的にはヘルシンキに滞在しました。

私が旅行した時期は初夏。そのためフィンランドは昼がとても長く、夜の11時を過ぎても明るいので、しばらくは体内時計を調整するのに一苦労しました。

フィンランドは、夜が長くなると気が滅入ってしまい、心の健康を維持することができなくなるそうです。

そこで、週末になると、近くの川沿いでは、何らかのイベントが行われていました。

 

私が滞在していた時期は「パンクのイベント」。

たくさんのテントがならび、バンドマンが演奏しており、とても賑やか。

夜なのか昼なのか分からない状態でした。演奏だけではなく出店も多く、家族連れのお客さんも多かったです。

苦労したのは言語。

フィンランドは意外と英語が通じません。

この国では、旅行者向けに外国語表記がされていますが、ほとんどが「ロシア語」「デンマーク語」。

「ドイツ語」のときもありました。

 

 

これは、お店のメニューだけではなくテレビも同じ。

英語圏の人よりもロシア語やデンマーク語を使う旅行者の方が多いようなんです。

そのあため、高価なレストランには、ちゃんと注文できるのか不安で、たくさん入ることができませんでした。

とくに印象的だったのはパンのおいしさ。

ホテルは朝食付きでしたが、そこで提供されている朝食の充実度がすごい!

空気と水がいいことから、パンのクオリティーがとても高いということです。

 

そのほか、今話題の「ムーミンランド」にも行きました。

ムーミンランドのお客さんは、「フィンランド人の赤ちゃん」か「日本人の大人」。

ムーミン一家のステージがあると、入り口の近くには、赤ちゃんの乳母車が大行列。

そこに、新婚旅行らしきカップルや大学生らしきグループが混じるという、はたから見たら面白い光景が広がっていました。

ムーミン一家のステージは、フィンランド語なので、何を言っているのか分かりませんでしたが、子供に戻れる感じで楽しめました。

日本人が殺到するのが、ムーミングッズを売っているショップ。

 

グッズの豊富さはかなりのものでした。フィンランドは、税金が高いので高額な印象がありますが、ムーミングッズに関して言えば、日本で買うよりはるかに安いです。

品ぞろえも充実しているのでかなりの量を買ってしまいました。

フィンランドは、治安もよく、食事の味も日本人に合います。そして何よりもムーミンの国。

かなり楽しめる国でした。私はフィンランドに集中して旅行しましたが、北欧3国のツアーできている人も多かったです。

次に行くときは、北欧3国を満喫したい!と思いました。

(38歳 女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-フィンランド

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.