海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

アメリカ

女一人でニューヨークを旅行して感じたこと

更新日:

 

私が訪れたのはアメリカ・ニューヨーク。

しかも、1週間の女の1人旅でした。

 

治安については、9.11以来、ニューヨークは良いと聞いていましたが、安全なエリアが大半でしたが、夜には危険なエリアや、昼間でも人通りの少ないエリアでは日本人女性にとっては危険な面もありました。

スリや大麻関係には注意は必要です。

 

食事も現地でとりましたが、とにかく基本的に「アメリカンサイズ」で、量が多くて食べきれず、持ち帰りをお願いすることもしばしばでした。

とは言え、ニューヨークは様々な飲食店もあり、日本食もあったり、食に困ることはありません。

 

しかし、どうしても物価は日本よりも高い国なので、ホテルや食事選びはなかなか費用節約も難しいエリアでもありました。

 

 

宿泊施設はさすがニューヨーク、たくさんありますが、安いホテルからどんどん埋まってしまうので、早めの予約がいいと思います。

 

私が宿泊したホテルは、シングル部屋にも関わらず、ベッドもまさにアメリカンサイズで、食事に続き、とても大きかったです。

とは言え、海外旅行者にも大人気だったようで、駅などのアクセスもよく、沢山の国籍の方がいらっしゃいました。

エレベーターで一緒になった方と軽くおしゃべりなんかも楽しかったです。

 

ホテルからは主要観光地も徒歩や地下鉄で行けるので大変満足でした。

セントラルパークに、5番街、自由の女神、エンパイアステイト、タイムズスクエアと、大いに堪能できました。

街中では日本では今は厳しい喫煙についてもかなり自由で、どんな美人であろうとも、道にタバコはポイ捨てです。

喫煙スペースのみでの喫煙なんて規制はなく、ゴミ掃除だって雇用の1つという考えだと思いますが、

衛生的には日本人からしたらいい少し衝撃はある光景でした。

 

しかし1番困ったのは地下鉄です。

24時間地下鉄は動いているので、交通の便は大変いいのですが、四六時中どこかしらの路線で工事がされているので、昨日は良かったけど、今日は工事でここの線は使えないなんてことは当たり前、電車もそこそこ揺れる、アナウンスは聞き取りにくい、挙句突如行き先が変更になるという、日本の鉄道のすごさを痛感しました。

 

英語の早口で聞き取りにくいアナウンスを、しっかり理解できずにいると思っていたのと違う方面行きの電車に変わっていたなんてことは何度かありました。

乗り換えも東京を超える複雑さで、乗りこなすようになるには時間が必要そうでした。

1週間ではなかなか乗りこなすまではいけず。

 

また、日本人にとっては、もはや衝撃的かもしれませんが、アメリカではどんな美人であっても、タバコはポイ捨てします。

日本のような喫煙スペースもなく、あったとしても簡易の灰皿で、そこに捨てる方はそんなにいません。

 

ゴミ掃除だって仕事の1つとして、雇用を確保しているのはあると思いますが、衛生的には喫煙ルールの色々ある日本人からすると少し嫌かも知れません。

そして何より1番楽しかったのは、アメリカ人はみんな気楽に話しかけてくれるので、ちょっとした買い物やごはんに立ち寄ったお店でも、店員さんと楽しく会話ができてしまうことです。

気楽な挨拶や会話が当たり前な方が多いので、とても笑顔の溢れる待ちでした。

内気な日本人にはある意味学ぶこともある環境で、とってもステキな思い出になりました。

(36歳」・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.