海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

ベネズエラ

エンジェルフォールを見に行った生々しい体験談

更新日:

 

かなり昔の旅行になりますが、エンジェルフォールを見たくてベネズエラへ向かいました。

当時はお金は持ってないが、体力と時間はいっぱいあったので当然バックパックを背負っての旅。

アメリカ経由でカラカスに入り、到着は深夜になった。

 

このまま空港で夜を明かしてから翌朝にでもカラカスへ行き宿でも探そうと思っていたが、たまたま隣に座っていた地元の女性が安い宿が自宅近くにあると教えてくれて一緒に連れて行ってもらったが途中の景色を今でも覚えている。

空港はマイケティアという海岸付近の町にあり、そこから山道を登っていき、途中真っ暗な道を走っていくのだが本当にこの先にカラカスがあるのかと不安に思いつつしばらくすると突然視界が開け辺り一体の山肌が明かりで覆われているのに驚いた。山肌にへばりつく様に建っている民家の灯りであった。

 

 

そして、高層ビル群が現れ感動したことを覚えている。

ホテルは中心部から少し離れた住宅街にあり部屋を見せてもらい料金も安かったので泊まることにした。

連れて来てくれた女性に礼を言い別れた。

スタッフも親切で、洗濯機を使わせてくれたり、食事も時々一緒に食べさせてくれたり、途中でそこはラブホテルであったことに気付いたが、居心地が良いのでつい2週間ほど長居してしまったことを覚えている。

 

これ以上彼らの好意に甘えているわけにはいかないので、エンジェルフォールへ向かうことに。

まずはバスでシウダーボリーバルへ行き数日滞在、そこで一人のおじさんと知り合った。

彼は小さな女の子を連れていて彼の娘と思っていたところ実の娘ではなく養女として育てているらようだった、仕事は何やらトレジャーハンターの様な事をしていて、ダイビングをやる私に「一緒にやらないか?」と、誘ってきて私も面白そうに思ったが不安もよぎり丁重に断った。

 

後であの時誘いに乗っていたら今頃どうなっているだろうかと未だに思う。吉と出たか凶となっていたか。

エンジェルフォールがある陸の孤島であるカナイマ国立公園へは公共の交通機関がないのでツアーに参加するか、

シウダーボリーバルからセスナで飛ぶしかなく当然金がない私は空港へ行ってセスナを3人でシェアすることに。

空港へ行くと私と同じような旅行者がいて、チリ人の男女と3人でシェアすることに。

一路セスナでカナイマへ。陸の孤島なので物価がとても高い。滝を見るためのツアーに申し込み、その日は付近の滝を見物して、翌日早朝にエンジェルフォールへ向かう。

 

ボートに乗り川の上流に向かって進んでいくのだが途中の景色に感動。

テーブルマウンテンの様な山があちこちに、地球の昔の風景であったことを想像しつつ途中でボートを降りて滝が見えるところまでトレッキングになった。

ジャングルの中を歩き暑くて大変だったが滝が見えてくると疲れも吹き飛んだ。

約1000メートルと言わる世界一の落差を持つエンジェルフォールが目の前に現れた。

前に行ったイグアスの滝にも感動したことを覚えているが、また違う意味で感動。

迫力ではイグアスの滝の方が凄いが、乾季だったため水量が少ないので落ちた水が途中で飛散してしまい滝つぼに落ちる川の水は大したことない。

 

しかし、1000メートルというはるか上を見上げると時折雲が流れ幻想的な風景に変わりこれまた感動したことを覚えている。

来て良かったと改めて思ったものだ。経済危機で現在ベネズエラは大変治安が悪いようだが、まあ旅行した当時も治安はあまりよくないとは言えるが、当時に比べ格段に悪くなっているようで残念だ。

私の中ではベネズエラに対して悪い印象はそれほどない、人々とても親切だったし、魅力のある観光地もたくさんある。

警官に対してはあまりいい印象はなかったが。またいつかベネズエラに再訪してみたいと思っているが。

 

(49歳 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-ベネズエラ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.