海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

グアマテラ ベリーズ

ベリーズシティやグアマテラシティを旅行して感じた重要なこと

投稿日:

 

中米旅行のお話し。約10年前、大学の卒業旅行ということでグアテマラ、ベリーズ、メキシコ、キューバに一人旅をしに行きました。

当時、父親のマイルが貯まっていたのでマイルを使い無料航空券で旅行に行きました。

 

ユナイテッド航空にてロス経由グアテマラシティー入りましたが、今思えば後にも先にも始めての体験で、ロスからグアテマラシティーまでの使用飛行機が変更になった為、搭乗後に乗り換えを行う。

理由は分からなかったです。。。当時は英語が分かりませんでした。。。

 

グアテマラシティー到着後は治安が良くないという事もあり、滞在はせずアンティグアに向かいました。ここではカラフルな街並みを堪能、山など自然にも恵まれている為、のんびりできました。

その後、グアテマラ東北部からベリーズに入る為、スピードボートを利用し人生初の海上から入国。

 

ベリーズは、ダイビングで有名ですが、その他観光地というものはあまりありません。

ベルモパンというところが首都ですが、あまり知名度はなく、観光せずにスルーしました。

記憶にあるのは、ベルモパンからベリーズシティーに行く際に売り子から買ったポテトフライのチリソースかけが美味しかったです。

今でもスナックとしては人生で1番美味しかったと記憶に残っています。

何故だかめちゃくちゃ美味かったんですよ!

 

ベリーズシティー到着後は、どの店も鉄格子が窓についており、治安の悪さを肌で感じました。

知り合ったアメリカ人のおじさんは心配したのかご飯を食べに行く際について来てくれました。

 

 

その後、特に何をする事もなく、ベリーズを北上し、チェトゥマルからメキシコ入国。

国境で乗ってきたバスに置いていかれた為、歩いてバスターミナルに向かいました。

距離がかなりある為、流石に心が折れました。。。

 

その時、親切な方が横に車を停めてくれて’乗せてやる’と声を掛けてくれました。

メキシコなんで危険だなと理解してましたが、疲労困ぱいの為、正常な判断ができず、喜んで車に乗せていただきました。

その結果、、、普通に送って頂きました。ありがとね。。。

 

その後、バスターミナルからユカタン半島に向けて北上。

念願だったカンクンに着きました。

 

その後はプラヤデルカルメンやトゥルムに行き、カリブ海の風を感じました。

これまで、35ヶ国ほど訪問しましたが、カリブ海沿いの気候が私は1番好きです。(ちなみに2番目は東南アジア)

 

その後、カンクンからキューバに行けるということを知り、早速出発。この時は時間に限りがあった為、ハバナのみの滞在でした。

ほんとはバラデロとかも行きたかった。。。

 

キューバには色々と驚かされました。2種類の通貨(CUC,人民ペソ)、カッコいい昔のアメリカ車、食料配給制度など。この滞在時はカサと呼ばれる民間人の家に泊まりました。

キューバは本当に社会主義国なので変わった国でした。

これも後にも先にもないですが、メキシコに戻る際、空港ロビー搭乗ゲート前でタバコが吸えました。

 

無事、カンクンに戻ると最終目的地、メキシコシティーに向かいます。

到着後は市内観光をし、別日にテオティワカンに行きました。

この中米旅行のメインはメキシコだったのですが、理由はメキシコ映画が好きな為、実際の空気を感じたい、また当時エディゲレーロというプロレスラーが亡くなったので追悼することでした。

目的を果たし、最後の観光地グアナファトに訪れて旅を締めくくりました。

 

当時、まだ若く、英語も話せなかった為、ビクビクしながら旅をしていた記憶があります。

しかし、この時の緊張感は今では味わえない感動を与えてくれました。

しかし、今また行けば違う楽しみがあるでしょう。

(33歳。男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-グアマテラ, ベリーズ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.