タイ

タイのチェンマイにバックパッカースタイルで旅行してみた

投稿日:

 

以前にタイのチェンマイにバックパッカースタイルで長期旅行をしました。

帰ってきてからだいぶ経つのですが、その時に着ていたTシャツやハーフパンツの裏側には目立たないけれど短い黄色や青の刺繍糸がちょこんと縫い付けられています。

小さなものなので、気が付いたのは帰国後でした。取ってしまってもいい物なのですが、私はそれを目にするたびにチェンマイの親切な洗濯屋さんを思い出し、ニンマリしてしまいます。

 

旅行中に現地で着る服は日本から持って行った粉洗剤でせっせと部屋のシャワールームで手洗いしていたのですが、さすがに限界があります。

部屋干しで乾かなかったり、湿度の高いタイでは生乾き臭が残ってしまったり。

そんな貧乏旅行者の為に日本と同じようなコインランドリーももちろんあるのですが、もっと便利なのが洗濯屋さんです。

 

チェンマイには同じようなバックパッカーがたくさんいてそういう人向けに1キロ200円以下くらいで洗濯を請け負っているお店が安宿街に点在しているのです。

洗濯屋さんはクリーニング店とは違い、ドライクリーニングなどでは全然ありません。

朝に依頼すると家庭用と変わりない洗濯機で普通に水洗いした後タイの強い日差しで天日干ししてアイロンまでかけて夕方には返してくれるのです。

そこまでしてくれてこのお値段は物価の安いタイと言えども良心的です。

 

ただの綿のTシャツやハーフパンツ、下着にまできちんとアイロンがけして返却してもらうと気持ちいいです。

そして、その洗濯屋さんで他の人の洗濯物と混ざらないようにクリーニングタグ代わりに使っていたのが、裏側に縫い付けられた色鮮やかな刺繍糸という訳です。

洗濯屋さんと並んで思い出深いのが、シャンプー屋さんです。

安宿街には同じように旅行中に髪を綺麗に洗ってさっぱりしたい観光客向けにシャンプー屋さんがいくつもあるのです。

 

一応美容院の機能も持っているようですがほとんどの観光客のお客さんはシャンプーだけの利用です。

こちらも数百円で、こちらとしても部屋で綺麗に洗えない汗のにおいの染みついてそうな髪をさっぱりさせてくれればいいくらいのつもりで利用したのですが、これがまた丁寧なのです。

 

スースーするいかにも汚れが取れそうなシャンプーを二人がかりでしてくれて、その後にトリートメントをしながら浸透させる時間をおきます。そしてその間、キュウリなどをスライスして顔に貼るオーガニックパックのようなサービスまでしてくれます。

このキュウリも冷蔵庫に入っていたらしくひんやりして暑いタイの気候で日焼けした肌に気持ちいいのです。

ちなみに私は女性ではなく男性です。

チェンマイ観光を思い出すときに、それぞれの観光地ももちろんですが、旅行中のそういうちょっとした思い出を後から思い出してニンマリできるのは長期滞在ならではだなと思います。

(37歳・男性)

-タイ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.