フランス

20歳の時に高校時代の1つ年上の女友達と二人でフランスへ行きました

投稿日:

 

一緒に旅行した友人は高校時代のバンドメンバーで一つ年上の女友達です。

私は高校時代に留学経験もあるくらいには海外が大好きですが、その友人もまた海外旅行が趣味です。

お互い大学生だったのであまり旅行資金を準備することができませんでしたが、友人が見つけてきてくれた某大手旅行代理店の中身フリーツアーで行ったら4泊6日で諸々1人13万円くらいでした。

 

そのツアー内容はというと、Emirates航空で行く、ドバイ経由の航空券のみ用意されていてホテルは自分たちでとるといったものでした。

留学経験のある私は、当時留学先の国まで日本から直行便しか使ったことがなかったですし、何より親のお金だったので、今回のような1から自分のお金で準備する海外渡航は初めての体験でした。

もともと利便性を重視する性格なため直行便を愛用していましたので、乗り換えで時間のとられるトランジット便はあまり好きではありませんでした。

 

しかし、仲良しの友人と過ごす機内での時間はとても楽しくあっという間に着いていました。

まずはドバイ国際空港での話です。世界一のハブ空港で有名なのでトランジットの際に少し空港内を探検してみようということになりました。聞いていた通り、A棟からB棟までは電車で移動する必要があるくらいには広かったです。

世界の全大陸に乗り上げているEmirates航空の本拠地ということもあってか、空港内は世界各国のお土産やレストラン、カフェが目につきました。

ちなみにA棟がメインの建物なのですが、日本便はB棟の一番端っこに発着陸します(笑)移動が大変でした・・・。そして次はフランスでの話です。

前にもフランスへは行ったことがあったのですが、その時は日本の旅行代理店の添乗員さんが案内してくれるタイプのツアーだったので、移動は全てバスでした。

ですが今回はなるべく節約したいし、ローカルな雰囲気を味わいたいと思っていたので移動手段は全て電車や地下鉄でした。

 

英語なら私たちでもわかりますが、フランス語は聞き取れないので少し不安でしたが、日本にいるうちに事前にパリの地下鉄の乗り換えアプリをダウンロードし、wi-fiも持って行ったので怖いもの知らずでした(笑)

私たちが普段どれだけスマホに頼って生活していたか身にしみて実感しました。

 

ホテルは友人がとってくれたのですが、世界各国にあるビジネスホテルのIRISにしました。ビジネスホテルにしては綺麗な内装で、地下鉄の駅から近く、朝食付きでも安いところが選んだポイントだそうです。

朝食はさすがパリというだけあって、クロワッサンやパンオショコラがとても美味しかったです。

観光の中身は主に4つ、パリ都市部の世界遺産を中心とした有名どころを周る日、ベルサイユ宮殿を観光する日、パリ都市部の美術館巡りをする日、パリディズニーランドで遊ぶ日です。

私たちは二人とも一眼レフを愛用する写真オタクなので、景色や街並み、建物をひたすら無言で写真撮ってましたね。

 

写真好きの私たちには最高の旅行でした。しかし最後にとんでもないことが待っていたんです。帰りの飛行機がなんと4時間半も遅れてしまい、トランジットに間に合わず・・・。

同じプランで来ていた日本人や乗り継ぎ便に乗る予定だった日本人は全員、翌日便で帰国することになりました。1日1便しかドバイ〜成田を往復していないそうです。ホテルや食事、ドバイ観光にかかる費用は全て航空会社持ちでした。

逆にラッキーだったかな(笑)当時塾講師のバイトをしていたのですが、翌日のシフトは致し方なくお休みさせてもらいました。

出ろって言われても日本にいないから出れなかったですけど(笑)

(20歳 女性)

-フランス

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.