海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

トルコ

「世界の車窓から」に触発されて姉妹でトルコ行ったったwww

投稿日:

 

今から15年前に、妹と2人で思い立ってトルコの自由旅行へ出かけました。

きっかけは【世界の車窓から】というテレビ番組でした。

どこか外国に行きたいね~と妹と話していて、偶然その番組でトルコが映りました。

それで「トルコもいいね!」となり早速、飛行機のチケットを取ったのでした。

 

今考えてみると、かなり無計画で突発的な旅行だったと思います。

飛行機のチケットを調べてみると、トルコへの直行便はなくフランスのシャルルドゴール空港で乗り換えなければなりませんでした。

最初は、面倒だなと思ったんですが「この際、フランスもちょっと見て行こうか?」ということになり、フランスで2泊3日過ごしたあとトルコで5泊6日過ごすということで決まりました。

フランスでは、ほとんどの人が観光するであろうエッフェル塔、シャンゼリゼ通り、ルーブル美術館、それにベルサイユ宮殿という王道を見て歩きました。

わたしも妹も初ヨーロッパ。

 

アジアとの違いにただただ見とれるばかりでした。

でも、フランス人たちは基本的に不親切で料理も期待していたほど美味しくない。

それに、とまった安ホテルはシャワーの温水もろくに出なくて薄暗いところだったので、早くトルコへ行きたくて仕方ありませんでした。

そして、いよいよトルコに到着。

ここから、わたしたちにとって災難もありましたが貴重な体験の始まりでした。空港からタクシーに乗り込みイスタンブールの中心部へ移動しました。

 

 

適当に良さそうなホテルを探してチェックイン。

夜に着いたこともあり、その日はぐっすり眠りました。

次の日、観光に出かけるぞ!と思っているとホテルのカウンターに真面目そうできれいなトルコ人女性がいました。

その女性は日本語が話せるといい、ガイドをしてくれると言うのです。

 

とても信頼できそうな人だったし同じ女性ということもありガイドをお願いしました。

イスタンブールで周りたいと思っていた宮殿や市場にも連れていってもらい、とても満足だったのですが最後に着いたのは市内のトルコ絨毯やお土産品を売る店でした。

そこでも絨毯屋の店主は日本語を話せます。

その人はすぐ隣近所にある現地のバスツアーを紹介してくれると言いました。

無計画だった私たちはちょうどいい!とバスツアーに参加。

世界遺産でもある、カッパドキア、パムッカレ、遺跡などを3泊4日で周りました。

 

行ってみたい所だったし、バスツアーでは日本人とも知り合えたし、とても楽しく有意義なツアーでした。

前に書いた災難というのは、イスタンブールに戻ってきたら絨毯屋の店主が豹変して絨毯を売りつけようとしたことと、帰りの空港までのタクシーの値段が行きの10分の1だったことです。
(トルコに着いてすぐに乗ったタクシーは通常の料金の10倍というボッタクリだったのです)

それにしても、一生に一度しか行けなかっただろうトルコへの旅行は一生の宝です。

(39歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-トルコ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.