海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

フィリピン

フィリピン・パナイ島イロイロでの色々な体験www

投稿日:

 

これまで何度も訪れているフィリピン、マニラは人が多く、荒さのある都市ですが、地方は穏やかでのんびりした雰囲気、優しい人が多く、とっても好きです。

そんなフィリピンで、今回気になったいたイロイロという都市に旅行に行きました。

イロイロは海が近いのですが、その海で泳げるところはなく、そこからフェリーを使ってギマラス島というところまでいかないと、ビーチを見つけることができません。

実はこの島、マンゴー島という別名がついており、マンゴーの生産をしているフィリピンでは有名な島です。

海外向けの輸出がメインのようですが、毎年、5月か6月くらいにマンゴー祭りというものがあるようです。

旅行したのは9月でしたので、マンゴーのシーズンではなかったようですが、港などではマンゴーのモニュメントがあちこちにありました。

 

港からはジープニーやバイクタクシーのようなものを利用して、ビーチを目指します。

乗り継ぎのところの途中でピザのお店があったので、そこで立ち寄りランチタイムを楽しみました。

そこにそのお店の看板メニューであるマンゴーピザが大きく宣伝されていたので、せっかくここまで来たのだからと、注文してみることにしました。

ピザにマンゴーが仕込んであるというもので、特に違和感はありませんでしたが、特別感というものもなく、普通の味という感じで、甘さが強いので、個人的にはピザは定番の味が一番おいしいのかなと思ってしまいました。

 

 

食事を終えて、さらにビーチを目指し、ついに到着しました。ちょっとしたリゾート地になっており、そこで宿泊もできるようですが、今回は日帰りであり、ちょっと海で泳げればいいという感じを考えていました。

ビーチは遊泳できるラインが設置されて、その中だけで楽しむだけです。

海そのものはきれいで、砂浜もいい感じですが、そのラインがあまりにも狭く、まるでプールのようだったので、やや冷めてしまいました。

一応潜ったり、シュノーケリングをしてみたりしましたが、トロピカルな魚はほとんどいなくて、岩場のようなところもあまりなく、やや物足りないビーチでした。

 

2時間くらい泳いで、もういいかなと、今度はまた港に向かって引き返すことになります。

帰り道は順調で、夕方の6時くらいにはイロイロのホテルに戻ることができました。

ホテルのすぐ隣がショッピングモールになっていてとても便利です。

モール内をブラブラしながらレストランを探して夕食です。

いつかまたここに来る機会があれば、今度はマンゴー祭が行われている時期に来てみたいと思いました。

(30代 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-フィリピン

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.