アメリカ

グアムは沖縄と雰囲気が似ていた

投稿日:

 

以前、会社の社員旅行でグアムに行きました。

日本からは比較的近く、飛行機に乗る時間もそんなに苦になりませんでした。

成田空港から出発でしたが、入国許可のために書くシートが英語で書かれており、わかりずらかったです。

 

グアムに到着してからは、日本からの観光客が多いせいか、現地の方は日本語を上手に話していたと思います。

私の出身が沖縄県ということもあり、現地の方の見た目など、どこか懐かしく思えました。

 

到着した1日目はホテルに行って休憩をしました。

その頃Wi-Fiが普及し始めた頃で、自分のスマホでキャリアやWi-Fiを設定することが困難で諦めました。

なので、現地入りしてからは、電話も使えなければ、メッセージのやりとりもできませんでした。

 

次の日は、ホテルの後ろがすぐビーチになていたので、会社の人たちと遊びに出かけました。

マリンアクティビティーは日本でも体験できるようなものばかりでキラキラした気持ちにはなりませんでした。

ビーチも、岩が多くバナナボートなどもスピードが出せず物足りなさを感じました。

 

食事にかんしては、日本人に合わせた食事も多く、焼肉屋さんなどもあり、食べれないものはなくてとても満足しました。

またビーチの海の家のようなところで購入したハンバーガーセットは、日本では考えられない大きさのハンバーガーで、今で言うインスタ映えしそうでとても満足したのを覚えています。

ドリンクも映画館で購入するようなサイズで出て来たので、びっくりしました。

 

その日の夜には、銃が打てるアクティビティーの場所に行き、生まれて初めて銃を打ちました。

その時はさすがに興奮しましたが、身近に銃がある社会があることを目の当たりにしました。

そのあとは、小さな遊園地のような場所へ行き、円盤のような乗り物に乗り、めちゃくちゃにふりまわされたり、逆バンジーのような乗り物に乗ったり、楽しむことができました。

 

日本のように、24時間空いているコンビニはなく、治安もそこまで良いわけではないので夜はあまり遅くまで外に出られなかったと思います。

ホテルに付いているスパにも行き、オイルマッサージも受けました。チップの文化は今でも日本人には受け入れがたいと思いますが、少なすぎても失礼と聞いていたので、相場が分からず、困ったこともありました。

日本からは近いですが、全く違う文化がそこにはあり、日常では味わえないひと時を過ごせたと思います。

 

2泊3日での短い旅行期間でしたが、外国に行った感覚はあまりなく、最初にも記述した通り、とても懐かしく感じる旅行だったように思います。

(30歳 女性)

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.