海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

中国

中国の天津での旅行レポート!治安も食事も国民性も良し

投稿日:

 

私は2015年の秋に中国の天津というところに海外旅行に行きました。

元々天津は第二次大戦時代などに外国の租界地があったことや日系企業が多く進出しているということもあり治安はよく、比較的反日デモなどは起きていませんでした。

地元の人の犯罪等も少ないようでした。

 

食べ物に関しては地元の人が食べるものは炒め物が多く、何にでもパクチーが入っていますので苦手な方には厳しいと思います。

ただ日本人にも馴染み深いしゃぶしゃぶ(現地では火鍋と呼ばれています)があり、これはとてもおいしかったです。

肉は牛と豚はもちろんありますが、中でも羊の肉が中国流です。付けダレにお好みでパクチーやネギを入れて食べると絶品です。

 

宿泊施設に関してですが、天津には日航ホテルやリッツカールトンなどがあります。

ただ宿泊料金が高いので、私は利順徳ホテルという日本人駐在員が多く滞在しているところに宿泊しました。

一泊400元(当時のレートで日本円で8000円弱くらい)だったと思います。

 

 

観光名所についてですが、テレビ塔や動物園、海側に行くと万里の長城のあとなどがあります。

私がおすすめしたいのは二つあります。

 

一つ目は「天津之眼」と呼ばれる観覧車です。

天津市内は発達しており高層ビルが立ち並んでいますが、その街の中に観覧車があります。

この観覧車に乗ると天津の夜景が一望できてとても感動しますのでおすすめです。

 

二つ目は「古文化街」です。

これは日本にある横浜中華街や長崎の中華街に似ていますが、規模がかなり大きいです。

肉まんなどの飲食店やお土産屋などが多数存在し、一日いても飽きないくらいの中華街です。

お土産を探すならここが一番だと思います。

 

インフラについてですが、交通の面では地下鉄やバスが発達しているので、移動に苦労することはありません。

また北京へは新幹線ですぐ行けますので不便な思いをすることはありませんでした。

ただ水道水はやはり衛生面で厳しいのでコンビニで飲み物を買ったほうがよいと思います。

 

あとこれは謎ですが、どこのホテルもシャワーの水圧がかなり弱いです。日本のホテルの半分くらいの水圧しかありません。

体を洗うときはかなり時間がかかったのを覚えています。

 

最後に地元の方の国民性ですが、外国人には寛容で意外と親切な人が多いです。

タクシーを利用して後部座席に荷物を忘れてしまいましたが、すぐにタクシーが引き返してくれて届けてくれました。

また機会があればぜひ行きたいと思っています。

(31歳・男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-中国

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.