海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

カナダ

カナダで小柄女子1人がてんやわんやトラベル

投稿日:

 

\小柄女子1人でカナダへ行く/まずは自己紹介からです

私は26歳女性童顔身長149㎝、独身(彼氏なし)。趣味は1人旅

英語は一切喋れませんが度胸と愛嬌と類い稀なるジェスチャー能力で1人海外旅行を満喫しています

 

1人旅の魅力はなんといっても人の優しさに触れること私は1週間カナダの主にトロントとモントリオールへ行きました

その経験から少しでも人の温かさと1人旅の良さが伝わればと思います

行きはセントレアからバンクーバーまで行き乗り換えをしてバンクーバーからトロントまで18時間くらいかけて行きました

 

 

乗り換え時間が1時間半あって余裕があると思っていたけど入国検査やらなんやらでとてつもなく時間がかかりました

全力疾走してなんとかゲートが閉まるギリギリで乗れましたが恥ずかしいほどの滝汗

ただ後日友人が同じルートでトロントへ行ったのですがこの乗り換えが上手くできなかったようで乗り損ねたと聞き滝汗かいてよかったと思いました

 

まあそんなこんなでトロントに到着

翌日にナイアガラの滝へ行きました

ナイアガラの滝への行き方は色々あって1番安い方法がカジノ行きのバスに乗る手段でした

 

ただそのバスの乗り場も時間も乗り方もだいたいこんな感じって言うアバウトなもので唯一特徴としては派手な色のバスと言うことだけでした

周辺で掃除をてる人や通勤途中の会社員地元民そうなあらゆる人に聞いたけれどそのバスの詳細を知る人はおらず途方に暮れていると派手なバスを発見

これまた全速力でヘルプミーって叫びながら無我夢中で走りました奇跡なのか停留所だったのかバスは止り無事に乗車できました

胸をなでおろすのも束の間で今度は英語でいろんな質問をされました

 

訳が分からず頭を傾げてるとどこからか日本語がしました

耳をすませると男性の運転手さんが日本語を話しているではないですか

年齢と目的など簡単な質問をされて好きなところに座るように言われました

少し無愛想だったので怖い人なのかと思いました

 

ナイアガラの滝のカジノに到着するとそこは別世界でした

きらびやかなネオンやお洒落な外観のお店ばかりで大自然の中にそびえるナイアガラの滝のイメージは崩れ去りましたがいい意味で塗り替えられたような気がしました

私の旅はまだまだ続きますがそろそろ時間が来てしまいましたので残りはまた別の機会に

 

(26歳・女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-カナダ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.