イタリア

ローマ→ナポリ→マテラ→アルベロベッロ→レッチェ!イタリア縦断ジャーニー!

投稿日:

 

ローマ→ナポリ→マテラ→アルベロベッロ→レッチェと、イタリアを縦断した。

日本にはないタイプの建物、景色にひとつひとつロマンを感じてウットリした。

 

そんな素敵な経験の中でも、もっとも嫌な体験をしたのがナポリ。

到着してからすぐに、向かったのがバスチケットの売り場。

ナポリ駅の裏側にあるバス停から、マテラ行のバスが出ており、どうしてもインターネットでは事前に決済ができなかったので、現地調達しにバス乗り場に向かった。

バス停の場所まで向かう数分の道中で、頬を抑えながら激しく泣いて警官に何かを訴えている女性とすれ違う。

街の第一印象は、ちょっと悪かった。

ちょっと裏路地の店に入ったのがよくなかったのかもしれないが、飲食店ではクズ野菜のようなサラダを出されるし、注文した商品と異なるものが来たり、品切れと言われた料理は、あとからきたお客には出すしで、散々な経験だった。

 

更にはチップを要求されイライラは急上昇。海を含め、町並みも景色はきれいだったが、もう二度と行きたくない街だと思った。

未遂に終わったものの、ナポリはイタリア旅行中で唯一泥棒被害に遭いそうになった街でもある。

ナポリはもともと治安がよくない、身なりのきれいではない人が、きっぷの買い方を無理やり説明して金銭を要求する、ということがガイドブックに書いてあったので、注意していたのだが、泥棒をしてきたのは駅にて身なりのそれなりにきれいな男性。

 

すれ違い様にさっとスマートフォンを盗む素振りを見せたのが印象的だった。

結局盗まれずに済んだものの、小走りで逃げる男性。唯一覚えていった単語「ラードロ(泥棒)!!!」を、男性を指差しながら連呼していたら、周囲の人も逃げていくその人を指さして「ラードロ!」と一緒に叫んでくれた。

それが唯一の救いだった。

それに比べてマテラ、アルベロベッロ、レッチェはどこも穏やかな街だった。アルベロベッロは、The観光地!という感じだったので数時間もいれば見終えてしまう。

 

もっと時間を使えばよかったのはマテラだ。

洞窟住居群は、市街地と反対側にもあり、歩くと1時間くらいかかる場所にある。開けた丘にポコポコとあいた穴。

せっかくであればそちら方面まで足を伸ばすとよいと思う。

 

また夜のライトアップされたマテラの町並みは、オレンジの光でライトアップされた景観の統一感が最高で、散歩にはもってこい。

非常にロマンチックな空間だった。

マテラも地元の人にとっては観光地のような存在なのか、週末のホテルは取りにくかった。

そのかわりマテラの中央広場ではイベントが催されており、お祭りの賑わいも格別だった。

 

静かに過ごすか賑やかに過ごすか、好みは分かれるかもしれないが、イベント開催は週末の観光の醍醐味でもあるなと思った。

(34歳・女性)

-イタリア

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.