アメリカ

アメリカのラスベガスからデスバレーに格安旅行!

投稿日:

 

昨年の10月末から11月初頭にかけて、アメリカのラスベガスからデスバレーに行ってきました。

格安旅行でいくので、いつもツアーは組みません。

ちなみにほとんど、英語も話すことが出来ません。

 

英語がうまく話せなくても、ニュアンスでなんとなく、伝わる部分があるので、やる気と勇気があれば、誰でも海外にツアーを組まずに行くことは出来ます。

ラスベガスまでは、日本からの直行便がなく、ダラス経由でのラスベガス入りになります。

飛行時間は入国から含めて16時間くらいかかりました。ほとんど一日、飛行機のイメージです。

 

また乗り換えがあるので、日本の空港をイメージしておくと大変なことになります。

理由は、空港が半端じゃなく大きいということです。空港内を移動するためのモノレールがあり、移動だけで30分以上はかかりました(迷ったせいもあるのですが。

とにかく時間にはかなり余裕をもって行動しないと、乗り遅れることになります。

 

ダラスからラスベガスに入ると、空港から、雰囲気はカジノの町です。

空港にもスロットが置いてあり、華やかな雰囲気がただよっています。格安旅行につきものは移動手段です。

毎回海外旅行はツアーを組まないため、公共交通機関かレンタカーを選択しています。ラスベガスのバスは旅行用スーツケースは別に、料金がかかるし、移動時間もかかります。

また海外のバスは日本のバスと違い、定刻通りにきません。

 

帰りの飛行機が少し早めの時間だったので、レンタカーを選択しました。受付に行って予約していることを伝えると、保険の説明をされます。正直全く何を言っているかわかりませんが、説明がおわるとフロアの番号を紹介されます。

足を運ぶと鍵付きの車が置いてあります。

日本語のナビゲーションが付いた車を選択してありますが、皆さんがイメージしている日本のナビとは違います。

画面の入力部分が一部日本語で、案内も、入力も全て英語で行わなけれなりません。(例:日本→japan)ちょっとというか大分、面倒です。

 

レンタカーは旅の期間、レンタルしています。ラスベガス到着から3日目、デスバレーに行ってきました。

車で約3時間(休憩を含む)の長旅です。ナビの示す通りに行きました。

アメリカは広大な為、日本と違ってガソリンスタンドが沢山ありません。その為、砂漠に入る前に給油を行いました。

給油方法も日本とは違い、最初に何番の給油でガソリン(レギュラーが3種類以上あります)を指定して、何リッター入れるのかを注文して、支払い、給油になります。この時点で軽いパニックですね。

 

給油を終えて、デスバレーに入ります。

高さ4メーターくらいの看板が出てくるので、デスバレーに来たことはなんとなく分かります。

しばらく走るとビジターセンターがあります。

 

そこで入園料払うのですが、受付の男性アメリカ人から、払うのかい?と2回確認されました。

理由は、宿泊やキャンプで車を停めている人は車のフロントガラスに支払い証明書をのせるみたいですが、その日に帰る観光客は、支払っている人はいませんでした。日本人は本当にまじめな民族だと思いました。

そこから皆さんが知っているバッドウォーターに行きました。カラッとした暑さなので、日本の沖縄のような高温多湿な暑さではありません。

 

しかし、皮膚にはジリジリとした熱感は直で感じます。長袖がいいと思います。バッドウォーターは海抜約85mです。海抜0が山手に示されているので、すぐに見ることは出来ます。

ちょっと掘ると、海水が出てきます。ちなみに真っ白な大地は塩です。

塩の結晶が沢山落ちており、お土産にもなると思います。私はちょっとかじってみましたが、普通に塩です。

果てしなく続く真っ白な大地と、サンサンと照り輝く太陽で、うまく写真が取れれば、ドラゴンボールの元気玉のような写真がきれいにとれます。

 

簡単ではありますが、今回のラスベガス、デスバレーについて書かせていただきました。是非皆さんも、格安の旅を楽しんでください。ツアーと違い時間にしばられませんのでゆっくりと旅を楽しめますよ。

(38歳 男性)

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.