海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

フィリピン

フィリピンの3つの都市を回って比較する

更新日:

 

2週間ほど、フィリピンに海外旅行に行きました。

フィリピンの田舎街の3件のお宅にお邪魔させてもらいました。

最初はマニラに泊まりました。マニラでは、交通状況が非常に悪く、常に渋滞でした。

お互い車間距離も50センチほどしかないぐらいで、事故が起きないのが奇跡というぐらい、キツキツの渋滞でした。

道路脇には、ホームレスの家族がいました。まだ小さい赤ちゃんを抱っこした虚ろな目をした女性と、その子供達がいました。

子供達は、花で作ったネックレスか芳香剤のようなものを車に乗っている人に売っていました。

その人たちだけでなく至る所に、寝そべっているホームレスの方たちがとても多く、びっくりしました。

 

夜に、街を歩いたのですが、どこも人ばかりで、ヨーロッパから観光できた外国人もたくさんいました。

どこにでも、出店がありフィリピンっぽいデザインの服や、お菓子が売られていました。

日本の祭の屋台を思い出しました。何か出店で買いたいと思いましたが、現地の方によると、排気ガスなどが沢山かかっているから、食べない方がよいといわれ買いませんでした。

 

少し、渋滞を抜け住宅街には入ると、道路には、犬のフンやゴミが沢山落ちており、排水口には、大量のゴミと黒い排水でいっぱいになっていました。

どこの家の壁もコンクリートで、外は暑いですが中は少しひんやりとしていました。

外壁には各々の鳥の絵や花の絵がカラフルにデザインされてあったり、見ていて面白かったです。

街の子供達は、初めて日本人を見たようで、沢山質問をしてくれました。

フィリピンでは皆んなが英語を話せるイメージがありますが、教育を受けた子供達だけだそうで、マニラの子達は英語が話せました。

 

 

朝おきたときには、朝ご飯のおかずを一緒に買いに連れて行ってくれました。

出店には20種類ぐらいのおかずが並んでいてどれも美味しそうでした。

日本にもそんな出店があったらいいなと思いました。

そして一緒になって遊びました。

ルールはわからなかったですが、貴重な体験をさせてくれました。

 

次に、パンガシナンというところに行きました。そこはマニラと違い、一面が草原で、牛がいたり海が近くにある田舎街でした。

日差しが強かったですが、海が近くにあるので、屋根に入れば快適に過ごせました。

のんびりと過ごしていると、時々知らないヤギが庭にかってに入ってきて、面白かったです。

気に沢山のフルーツがなっていて家の人がしょっちゅうフルーツを持ってきてくれました。

木が沢山生えたところにハンモックがあり、そこでフルーツを食べました。とても気持ちよかったです。

 

最後に行ったのがビコールです。

パンガシナンよりももっと田舎で、バスで5時間かけて行きました。

パンガシナンは少し車でいけば大きなモールがあったのですが、ビコールには、全くなく、街はずれまで行くと小さなで店があるぐらいでした。

そこに住む人たちは魚を釣ったり、マニラのようにおかずを売っているで店でかったりして生活しているようでした。

昼間は、男の人たちは毎日バスケをしたり、お酒を飲みながら、会話をしたり楽しそうでした。

 

女の人は、手洗いで洗濯をしていました。

洗濯などの水は昔からの井戸水を使い、料理や飲み水にはろ過された大きな60センチくらいのボトルに入った水を使いましたちなみに台所が土間で懐かしかったです。

料理はとても上手で、沢山作ってくれました。

かなり田舎町なので、全ての人が知り合いだそうで、治安は良かったです。

今回の旅行では、一度もそのような被害は会いませんでした。

とても貴重で楽しい経験でした。

(24歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-フィリピン

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.