海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

フランス

ルーブル美術館とオルセー美術館を比較するよ

更新日:

 

私がフランスに海外旅行をしたときには、定番のところを多く回ろうと思ったのです。

フランスの場合には観光スポットの定番はかなり多くあるので、定番の中でもどこに行こうか?迷いましたけど、オルセー美術館は行っておくべきだなと感じました。

 

ルーブル美術館にも行ったのですが、オルセー美術館に関しては外観の写真に惹かれてしまって、そこを理由に見に行こうと思ったのです。

オルセー美術館の場合、いい意味で外観が美術館に見えないというか、とんでもなく立派な建物に見えるのです。

ヨーロッパの建物だなという印象がとても強く、かつ建物のサイズがかなり大きいです。

実際に見ると、写真で見たときよりもオルセー美術館は大きく見えて、その時点で迫力を感じました。

日本の美術館もいろいろなところがあるものの、オルセー美術館と比べるとサイズに違いがあるなと感じました。

 

そして、建物の造りにも感銘を受けましたし、ヨーロッパの美術館は違うなとも思ったのです。

オルセー美術館の中に入ると、そこの雰囲気もまた素敵で、オルセー美術館それ自体が1つの美術品というような感じに見えてきます。

特に中の天井に関して印象的で、内装もかなりこだわっていると思うのですが、天井の造りが印象的です。

場所によってそれぞれ違いがありますけど、教会とかにありそうなすごいオシャレで荘厳な雰囲気を感じさせる造りとなっています。

 

 

そして、建物自体が大きいので、展示されているものについてもたくさんあります。

私は美術自体にはそんなに興味がないものの、こういった美術館に来る機会はまずないと思い、いろいろなものを見て回りたいと考え、結構時間を使いました。

というか、展示されているものが多くて、自然と時間が経ってしまうのです。

オルセー美術館の独特の雰囲気も感じられますし、この雰囲気をより長く感じていたという気持ちになりました。

フランスはルーブル美術館が有名で、名も知られているので、そこと比べると微妙なのでは?という思いもありましたが、そんなことは全くなく、ルーブル美術館にはルーブル美術館の良さがありましたけど、オルセー美術館も十分感銘を受けることができました。

 

ルーブル美術館よりもオルセー美術館の方が好きな人もいるようですし、オルセー美術館の良さというのはあるのでしょうし、私を含めてそういったところを感じている人はいるということです。

美術館としてというよりも、建物それ自体に魅力を感じるのがオルセー美術館と言えると思います。

(31歳・男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-フランス

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.