イタリア

イタリアでハネムーン(新婚旅行)!!子供が一人立ちしたら・・・!?

投稿日:

 

新婚旅行として、夫婦の意見が一致したヨーロッパを選択しました。

ハネムーンプランを利用し、まずはスペインを訪れ、旅のメインでもあったイタリアへ。

イタリアに着いてまずは向かったのはローマ。

市内観光はあれもこれも夢のようで、絵本が飛び出しのか、自分が絵本に入り込んだのか、ガイドブックで見たものがそのまま映ってきました。

 

市内観光では、コロッセオや真実の口、トレビの泉、スペイン広場などを訪れ、誰もが知っている観光地でイタリアらしい写真もたくさん撮れました。

イタリア1日目だけで何回行列に並んでジェラートを食べたでしょうか、どのお店も美味しかったです。

イタリア2日目はバチカンへ。私たちはツアーのためすぐ団体入場できましたが、外はすごい行列でした。

 

美術館内も荘厳さと豪華さが融合されて圧巻でした。お昼は念願のピザを堪能。

大きく薄いピザはよく言えばシンプル、悪く言えば簡素で、日本のように具沢山でごちゃごちゃしていない印象。

それぞれ違うものを頼み、夫とシェアしながらいただきました。

また夕食時は生でカンツォーネも聴けて、帰りに乗ったタクシーの運転手さんはライトアップされたコロッセオを何周かゆっくりと回ってくれ、予想外スポットの写真も撮れて嬉しかったです。

 

イタリアの2日目は観光、買い物、食事、そしてイタリア人の人柄、全て満足の1日でした。

3日目はフィレンツェに向かいました。

途中ピサの斜塔を経由し、塔内も見学。

塔の傾斜に少し気分が悪くなりながらも、息を切らして登りきった屋上から見下ろす無数の赤い屋根に、ああ、本当にイタリアに来たんだなと改めて思いました。

 

フィレンツェでは到着後ドゥオーモの見学や周辺散策。

ふらっと立ち寄ったお店で食べた黒トリュフカルボナーラが忘れられなくて、夫とまた行きたいね、とパスタを食べるたびに思い出しています。

散策時に新婚旅行の記念に財布を購入したり、またまたジェラートを堪能したり、思い出づくりもできました。

 

イタリア最終日はベネチアへ。

これまでずっと好天に恵まれていましたが、この日はどんより曇り空、そして不安は的中。ベネチアガラスの記念品を購入したころには、高潮ですでに足首まで街が水についていました。

しかし、私たちのメインは2人で乗れるゴンドラ。なんとか乗船できたものの、なかなか降りられず、ツアー参加者の方も何組かは残念ながら乗れずじまいだったそうです。

そういう意味では不幸中の幸いだったのでしょうか。それからも水かさは増し、私たちは逃げるようにベネチアを去ることに。

そのまま急いで空港に向かうというドタバタ劇で終わりを迎えたイタリア旅でした。

 

しかし、振り返ると初日から帰国まで、一つ一つが貴重な体験で一生の思い出に残る新婚旅行となりました。

今私は妊娠中ですが、将来子どもが落ち着いてしわしわになったとき、また夫と手を繋いでイタリアの街を歩いてみたいです。

(29歳 女性)

-イタリア

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.