海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

タイ

プーケットでのシュノーケリングは肩車!?女性は心理的抵抗がある

投稿日:

 

プーケット島のカトンビーチ付近のホテルに宿泊しました。主にマリンスポーツを楽しむために訪れたので

コーラル島、ピピ諸島にてダイビング、パラセーリング、シュノーケリングをしました。

島に行くためには、スピードボートに乗るのですが

想像以上にスピードを出すので、海面をバンバン飛ぶように進み、その状態が1時間近く続くので私も含め乗っていたほとんどの観光客が船酔いしていました。

ボートを操縦する地元の人は慣れていて平気そうでしたが、慣れていなかったり、船酔いする人は薬を事前に飲む必要があるなと思いました。

 

そんな船酔い状態でシュノーケリングをする島に到着したのですが、海に入っても多少波があるので、一度船酔いしたら帰るまで完全復活は厳しいかもしれません。

ですが、シュノーケリングポイントでは、パイナップルをエサにして熱帯魚がどんどん近寄ってきてくれます。海もきれいで、つかめそうなくらい魚が寄ってきてくれるので楽しかったです。

 

 

コーラル島でパラセーリングをしようとしたのですが、以前にグアムで2人乗りでインストラクターは乗らずに操縦のみのパラセーリングをやったことがあったので、てっきり2人または1人で乗るかと思いきや、インストラクター(というよりは地元の少年)と自分の2人で乗るスタイル。

しかもそのインストラクターは自分の背中~肩あたりに足を絡ませて、まるで肩車しているかのような状態で飛んでいました。

気にならない方ならいいのですが、特に女性は嫌だなと思う人が多いのではと思いました。

実際に私も自分自身も嫌でしたし、一緒に来ていた彼も嫌がっていたので乗るのをやめました。

コーラル島だけかと思いきや、パトンビーチなど違うところのパラセーリングも同じスタイルで行っていたので、観光雑誌と違うなと驚きました。

 

料理ですが、基本的に味付けが「辛くて濃い」です。

それを避けようとサラダを注文したのですが、そのサラダのドレッシングでさえ辛くて完食できませんでした。

逆に言えば、タイ料理を味わえたと思えました。

シーフードがやっぱり人気ですし、エビ料理はどれもおいしかったです。

レストランによって料理の値段がピンキリですので、ほとんどのお店の前にメニュー表と値段が記載されているのでちゃんと確認してから入ることができます。

海沿いや大きなレストランは高いですが、意外と1本道を挟んだレストランだとリーズナブルでおいしい料理が味わえました。

(24歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-タイ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.