海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

オーストリア

ザルツブルクの写真館でオーストリア兵の格好で記念写真

投稿日:

 

オーストリアのザルツブルクの旅での思い出。

ザルツブルクは、映画「サウンドオブミュージック」の舞台となった町、モーツアルトの生家があることでも有名です。

ミラベル宮殿の庭園は観光の定番ですが、あちこちに映画の舞台となって登場した場所があるので、サウンドオブミュージックのファンの方ならたまらない場所です。

この庭園から高台に見えるホーエンザルツブルク城は、インスタへの自撮りや記念写真の絶好のアングルとなります。

 

今回のエピソードは、この「ホーエンザルツブルク城」に登るリフト乗り場から始まります。

グループ旅行の一員として参加した私は、自由行動となったザルツブルク市内の広場(馬車観光などの起点になっている)から、単独行動でお城に登ろうと考えていました。

海外旅行では、ハプニングが何といっても魅力です。危険な事は勿論避けなければなりませんが、その土地の人たちとちょっとした交流があれば子細なことでも心に残るものです。

丘の上に聳え立つ城をめざしてリフト乗り場へと向かいました。

リフトでお城に到着しました。

街が一望でき360度のパノラマを楽しむ事ができます。

この景色を見る事だけで登ってきたようなもので、城内は大して見たいものもないのであっと言う間に一周しました。

小さなテラス風なレストランで、ケーキとコーヒーを注文して街を見下ろしながらいただきました。

またリフトで城下まで帰ってきました。

 

 

集合時間にはまだ間があったので、街のマーケットでも覗いてみようと思ったのですが、リフトを降りてすぐのところに小さな写真館がありました。

その前を通りかかると、店の前に可愛らしい女性が2人立っていて目線が合いました。

ニコッとほほ笑んで「ハーイー」と言うので「ハーイ」と返しました。

すると英語で「10分で終わるから記念写真を撮らないか」と話しかけてきました。

店の窓には、民族衣装などを着て撮った写真などが飾られていました。

「いくら? 本当に10分で終わるの?」と聞くと、「大丈夫、10分で終わるわ。20ユーロでこのサイズの写真を1枚仕上げます」と手に持った縁取り枠のある写真を見せてくれた。

「OK」と言って中に入りました。実は、写真などあまり興味はなかったのですが、可愛い女性から声をかけられたので、つい乗ってしまったのです。

これが夜の街だったら絶対に話には乗ってはいけません。

 

海外は、平和そうに見えても危険な場所は至る所に存在するのです。店に入ると衣装ルームに案内され、「どの衣装で撮って欲しい?」と聞かれた。

反対に「どれがいいと思う?」と言うと、オーストリア兵の衣装を指差して「これが似合うと思うわ」と言う。「じゃそれで」と言うと衣装を渡され着替えのカーテン内へ案内された。

オーストリア兵の衣装に着替えて出ると、「う~ん、背が高いからとてもお似合いだわ!」と言ってくれた。そして刀を一振り渡された。

それを手に持って、頭には帽子を被りスタジオに通された。正面から、斜めから、少し見上げるように、表情も微笑んだり、少し怖い顔をしたり、色んな注文が飛んできた。

常に優しく微笑みながら、つぎつぎとシャッターを押していく。

 

撮影が終わると、すぐにパソコン画面で写真を確認できた。

もうひとりの女性が紅茶をもってきてくれたので、飲みながら3人で写真を見た。

撮影中は、入り口前を通る観光客から丸見えなので、立ち止まって見る人たちもいた。別に恥ずかしいことはなかった。

 

その内、家族連れが入ってきて、高校生くらいの女の子の写真を撮って欲しいという。

お茶を運んできた女性は、そちらのお客さんに対応することになった。素敵な可愛い女性と二人でお茶を飲みながら、写真の画面に向かうのは何とも楽しいひと時でした。

私は、余り笑っていない表情のものを選びましたが、彼女は少し微笑んだものをすすめてくれました。

すると、「2枚とも差し上げます」といってくれました。2枚の写真を受け取って集合場所へ向かいました。ルンルン気分でスキップでもしたい心境でした。集合場所では、早速グループのメンバーへ見せびらかしました。

「いいなあ、僕も撮りたい」と言っていましたが、集合時間なのでチャンスはありませんでした。

 

単独行動は、こんな体験ができてとても良いですよ。

是非チャレンジしてみて下さい。

(69才 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-オーストリア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.