海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

スペイン

スペインで言語の壁を思い知ったが結果語学力UP!

更新日:

 

ずっとスペインが大好きで、卒業論文もスペインの歴史を取り上げたほどで、いつか行ってみたいと思っていたところ、教授から格安で安心なツアーを紹介されて、学生最後の思い出に!と行ってきました。

特に私の記憶に残った経験談としては言語の壁についてでした。

大学ではいつか海外旅行に行ったときのために、と英会話の勉強に励んでいたのですが、最初の飛行機内でさっそく挫折しました。

 

まずオレンジジュースすら聞き取ってもらえない。

そしたらまさかの隣の席に座っていたきれいなお姉さんに助けてもらえました。

つたない英語を聞き取れる人がいてよかった…

 

お姉さんに話を聞くと、スペインへ帰国する途中だったそうで、語学の指導とかもしてるから私のダメダメな英語も伝わったそう。

スペインに上陸してからは、バルセロナからポルトガルへ向かうツアーだったのですが、バルセロナを出てポルトガルへ着くまで全く英語通じませんでした。

私のつたない英語云々ではなく、そもそも英語を使える人が少ないのだそう。レストランやホテルでは添乗員さんがすべて通訳してくれていたのでなんとかなりましたが、自由時間に冒険心でスーパーとかにでかけたときはもう身振り手振りでなんとかするしかありませんでした。

でも意外と身振り手振りでなんとかなるもので。一度スーパーでレジのおばさんに怒られたぐらいであとは観光客だからと親切にしてもらえました。

レジで怒られたのは、スペインの大型スーパーでは、レジでかごから商品をすべてレジのレーンに出さないといけなくて、それをうっかりレジまで持ち込んで怒られました。

 

 

異文化ってなかなかなれなくて大変です。ポルトガルでも苦労、というより面白いことがありました。

ポルトガルでは英語を話せる人が一気に増えて、リスボンの町中でも地図を持ってうろうろしている時に数人から、英語で「大丈夫?どこにいきたいの?」とゆっくり丁寧に話しかけられました。

話しかけられたときは特に困ってなかったのでお礼と大丈夫な旨を伝えて、もし迷ってもなんとかなりそう!と安心しました。

その安心のせいか、迷ってしまったのですが、聞けば大丈夫!と思った私は、近くのバス停で待っている人に声をかけたんです。

その時は少しだけ英語の能力が上がっていたのか、聞き取ってはもらえました。

しかしまさかの「自分はブラジル人で英語も少ししかわからないし、リスボンの町は全然わからない」とのこと。何十人も人がいる都会でまさかの声をかけた人がさらに外国人、という面白い事態になりました。

その人からは「スマホのGPSを使えばなんとかなる!」とのこと。

ちなみにこのGPSのくだりは全部身振り手振りでした。

 

確かに見落としていました文明の利器。声をかけなくてもいまどき迷いませんもんね。

目から鱗とはこのこと。

ですが、現地の人と交流することもやっぱり旅の醍醐味だと思うので、その後の台湾旅行やグアム旅行もどんどん現地の人に話しかけてました。

おかげで語学力あがりましたし。

英語が話せないから海外はちょっと…と思ってる方はぜひ、むしろ海外に行ってくださいと言いたいです。

(22歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-スペイン

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.