海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

タイ

可憐な乙女2人がぼったくりタクシーを50分間エンドレスで怒鳴ったった

更新日:

 

2月にタイのバンコクとプーケットに女友達と2人、4泊5日で卒業旅行に行った時の体験談です。

5日間の充実した旅行を終えて、私たちはバンコクでも有名なホテルのルーフトップバーでディナーをいただいていました。

バンコクが一望できる綺麗な夜景と、美味しい料理とノリノリの音楽、おしゃれなお酒。最高の気分で私たちはキャリーケースを持って空港に向かおうと、ホテルのフロントの方に、タクシーを呼んでいただきました。

5分ほど待つとすぐにタクシーが送迎しに来てくれましたが、そのタクシーは個人タクシーだったのです。

 

旅行雑誌で事前に調べていた情報によると、個人タクシーはぼったくられる可能性が高いとのこと。
(もちろん、ちゃんとしている個人タクシードライバーの方もいます。)

これまでの滞在でも私と友人は個人タクシーを避けて、タクシーが捕まらない時はウーバーやバスを使って移動していました。

不安な気持ちでフロントの方に、ちゃんとメーターをつけてくれるか確認したところ、大丈夫とスマイル。

時間もあまり余裕がなく半信半疑で乗車し、空港に向かいました。

しかし、大通りに出て、ホテルが見えなくなった瞬間にメーターを切られてしまいました。

私と友人は、「メーター!メーターオン!」と拙い英語で伝えましたが、英語でベラベラと反論され、一向に聞き入れてもらえません。道も大通りで降りることもできませんでした。

 

 

しかし私と友人は諦めることなく、空港に着くまでの間50分ほど、「メーター!」と怒鳴り続けていると、ドライバーも心が折れたのか、相場の1.5倍の金額で折り合いをつけることができました。

私たちも最初提示された金額は相場の4倍だったので譲歩してしまいましたが。

 

この経験を通じて学んだことは、どれだけ海外旅行に慣れている人や、何回も訪れたことがある国だったとしても、事前にトラブル回避策を学習しておくことが重要だということです。

私と友人は、事前に旅行雑誌でしてはいけない行動(宗教的なものや、その国の礼儀など)や、身を守るためにもっておくべき知識(今回でいう個人タクシーはぼったくりが多いことなど)をインプットし、現地でも各移動手段の、現在地から目的地の相場金額を把握することを怠りませんでした。

そのおかげで被害を最小限に抑えることができたのだと思います。

海外旅行は一生の忘れられない綺麗な景色を見れたり、日頃のストレスを忘れて思い切り遊んだり、とても素晴らしい最高の娯楽だと思いますが、すぐそばに危険が潜んでいることを忘れてはいけません。

(22歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-タイ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.