海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

オーストラリア

アボリジニ保護法とは?オーストラリアは物価が高い!

更新日:

 

わたしの兄がオーストラリアのアデレードに留学していたので、兄に会うためにオーストラリアの旅行に行きました。

はじめてのオーストラリアで何も考えずに、旅行の申し込みをしましたが、8時間もずっと飛行機に乗ることなんて知らなかったので、帰りの飛行機を乗るのが嫌になってしまうくらい飛行機の乗る時間はうんざりしてしまいました。

アデレードについて、お腹がとても空いていたのでミートパイを購入しようとしましたが、英語が早いし、訛りがあって店員さんの言っていることが全然聞き取れず、購入したかったものとは違うものを買ってしまいました。

 

しかも、オーストラリアは物価が高い!これにはびっくりしました。朝ごはんのクロワッサンとホットティーだけで1500円、、。

そこに住んでいた兄はこれが普通だといっていて、衝撃以外の何者でもありませんでした。

滞在するホテルの周りを散歩していると、すごく可愛らしいガーデンスクエアを見つけたので、お昼ご飯はそこでピクニックしようということになり、サンドイッチやリンゴなどいろんな食材を買ってガーデンスクエアに足を踏み入れてみると、実はそこはアボリジニの溜まり場で、アボリジニ特有の言語でまくしたてられ、追い出されてしまいました。

 

 

後で聞いたところ、オーストラリアではアボリジニ保護法というものがあり、アボリジニの方々がなにかしても重大なことではない限り罪に問われにくいらしかったので、アボリジニの方々で好き勝手に振舞っている人もいたらしいのです。

実際、私たちがオーストラリアに訪問した後、兄の留学先の友達がアボリジニの人にかつあげにあったのに、そのアボリジニは罪に問われなかったそうです。

トラブルはたくさんありましたが、街並みはカラフルで可愛いし、食べ物は美味しいし、英語はとても早いけど勉強するには最適な環境だと感じました。

 

このときの滞在から、わたし自身も今度オーストラリアに留学することになりました。

もちろんオーストラリアを選んだ理由はこの旅行の経験で、英語があまり聞き取れなかったということが悔しくて、聞き取れるようになってやる!という気持ちからです。

でも、アボリジニが怖いので、アデレードはやめておきました。笑

また、アボリジニがいなく、オーストラリアのなかでは物価が低めのところで選ぶことができ、このオーストラリア旅行がきっかけで留学することになりとても嬉しくおもいます。

(20歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-オーストラリア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.