海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

パラオ

パラオでフルーツコウモリを食べたんだが

投稿日:

 

パラオに行ったら、フルーツコウモリとヤシガニを食べると良いとどこからともなく耳にした情報がありました。

フルーツコウモリが食べれる場所を聞いて、夕食に食べに行きました。

”フルーツ”と名前についているので甘い肉をイメージしていて、店員さんにどのくらいの大きさですか?と聞くとテニスポールより小さい大きさを手で表現してくれました。

それ位の大きさだったら、一人1羽ずつ食べれそうだねと話をして、フルーツコウモリを人数分(当時7名いました)くださいと注文すると、まずは1羽にしておけと言います。

じゃあ、3羽に減らしますと言っても、1羽が良いと思うと強く言います。

仕方がないので、まずは1羽にすることにして、ヤシガニも一緒に注文しました。他の料理もいくつか注文していたので、メインのフルーツコウモリとヤシガニが来るまで、わくわくでお酒も進みました。

 

まずは、ヤシガニが登場。美味しい!

少々値段は高めですが、美味しいので文句なしです。

テンションも上がってきた頃に続いてフルーツコウモリが登場。ありのままの姿です。

どうやって食べるのか。どこを食べるのか。羽をひろげてみたりしていたら、頭部分を切ってお腹を開いて食べると店員さんが教えてくれました。

フルーツの甘い匂いはなく、しょうがの臭いがメインです。

早速、実食。

姿を見た時から薄々感じていましたが、どこにもフルーツ的な甘みはなく、食べたことのない味で、誰一人「おいしい」と言う言葉を発することが出来ませんでした。

1羽を7人で食べきれないかも…と思いつつも、失礼のないようにとみんなで頑張って食べました。店員さんの言うことを素直に聞いてて良かったです。




フルーツコウモリが出た時から、お酒を飲むことも忘れていましたが、残さず食べるために味をごまかそうと、これまで以上にお酒が進みました。

ですが、口の中にコウモリの味がしっかり残ってしまったので、口直しにアイスクリームを頼みました。

バニラ以外にも、タロイモ?アイスなどサービスで出してくれましたが、残念ながらどのアイスクリームも口に残ったコウモリの味には勝てませんでした。

 

その後、フルーツを食べるコウモリだからフルーツコウモリと言われている事を知り、勉強不足だとこうなるんだねと、みんなで反省しつつも貴重な経験が出来たと思っています。

現地の人たちは、フルーツコウモリを食べる時は、臭みを消すためにココナッツで約1週間ほどずっと煮込んで食べるそうで、私達が食べたコウモリは、強制的に短時間で臭みを消すためにショウガでごまかしてあったそうです。

 

次回、ココナッツで煮込んだフルーツコウモリを食べてみたいと思っています。

(34歳 女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-パラオ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.