海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

タイ

タイのリペ島に行ってきた体験談!

更新日:

 

タイの中でも屈指の透明度を誇るタイのモルジブとも呼ばれるリペ島に行ってきました。

タイ南部の最大都市であるハジャイからツアーが出ており、ミニバスとフェリーが込みのチケットを旅行会社が販売しており、それを使っていくことになりました。

午前9時くらいに出発し、フェリー乗り場には2時間かからないくらいで到着できます。

そしてそこからさらにフェリーに乗車し、1時間以上乗るのですが、フェリー乗り場のあたりの海の透明度が全くなくて、これで本当にきれいなモルジブのような海があるのだろうか、そんな半信半疑の気持ちで乗り込むと、次第に海の色が変わってきて、これは期待できるかも、という思いになってきました。

 

そしてついにリペ島上陸になり、海がとってもきれいでびっくりです。

それに予想以上にリゾート化しており、リゾートホテルが多く建ち並び、メインストリートにはいろいろなレストランや雑貨店が並んでいます。

欧米系のお客がほとんどで、ギリシャやイタリアのリゾート地であるかのような印象さえ受けます。

リペ島には事前にホテルを予約しておらず、着いてから安宿を探すことにしました。なかなかないなと、思いながら別のエリアのビーチまで来ると、バンガロータイプの宿を見つけ、1泊の料金を聞くと日本円で1500円くらいであることがわかり、ここに3泊することにしました。

ビーチフロントで、温水シャワーはありませんが、蚊帳があり、クイーンサイズのベッドもあるので、これで十分という感じがしました。

 

 

そしてここからビーチを見ると、これまで見たことがない、独特の深みのある色に感動です。

モルジブに行ったことはないのですが、確かに、写真で見るモルジブにも負けていないと思えるほどにきれいなのです。

そしてちょっと岩場のある所に行くと、ニモがたくさんいて、海水魚の種類がとても多い。

本当に楽園と思わせるほどの素敵な場所であり、リペ島最高というハイテンションになれました。

 

とても活気のある島で、再開発が進み、どんどんホテルが建設されていますので、これから数年で景色が一変してしまうのではないか、そんな懸念も感じましたが、この美しいホワイトサンドビーチがいつまでも綺麗であって欲しい、そのように思いました。

レストランがあちこちにあり、タイ名物のパンケーキのお店もたくさんあります。

食事の場所には困らず、タイ本土よりはやや高いとはいえ、このくらいの金額であればというくらいなので、コストパフォーマンスにも優れたリゾートアイランドです。

(46歳 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-タイ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.