海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

カナダ

ナイアガラの滝に赤いカッパと青いカッパが大量出没!?

更新日:

 

2年前くらいにカナダに旅行に行きました。

カナダと言ったらナイアガラの滝が有名なので、私たち家族もナイアガラの滝を見に行きました。

旅行雑誌などで見ただけでも大きいなとは思っていたのですが、実際に見てみると想像をはるかに上回る大きさで迫力がありました。

 

現地では船に乗ってナイアガラの滝の近くまで行けるというツアーを行っていて、私たち家族もそのツアーに参加しました。

ナイアガラの滝はカナダとアメリカの境界線でもあるので、そのツアーはカナダ側からとアメリカ側からと交互に出ていました。

カナダは赤いカッパ、アメリカが青いカッパと色分けされていて見ていてすぐに見分けがつくようになっていました。

私たちは赤いカッパを着て、順番を待っていると30分弱で船に乗ることができました。

 

ナイアガラの滝に近づくにつれて、どんどん音も風も水しぶきも強くなっていって、まるで雨風の酷い台風の中にいるようでした。もう隣で話しかけてくる家族の声さえもよく聞こえないくらい凄かったです。

カッパを着ていても見えている顔はびしょ濡れで、拭いても拭いても濡れてしまい車のワイパーが顔に欲しいくらいでした。

なかなかあのような体験はできないのでとても素敵なツアーでした。

今でも家族で時々話題になるくらい思い出に残っています。

 

 

そのあとは街に繰り出し夕ご飯を食べに行ったのですが、夜のナイアガラの滝もライトアップされて綺麗だと聞いていたので再びナイアガラの滝へ。

すると5色くらいでライトアップされていて、水量などは変わらないはずなのに迫力が少し緩和され綺麗さが際立っていていました。

特に滝が落ちている部分は水のカーテンのようになっていて少し透けているので綺麗でした。昼とは全く違うナイアガラの滝で夜は夜で魅力的でした。

またずっと同じ色でライトアップされているわけではなく時々色が変わるところも見ていて楽しかったです。

変わるたびに写真や動画を撮っていました。

 

ナイアガラの滝はカナダに行ったら絶対に行った方がいいスポットだと感じました。また行かれる際には絶対に昼と夜と両方見に行くことをおすすめします。

先程も少し触れましたがナイアガラの滝はカナダとアメリカとの境界線です。

この滝の向こう側にいる人はアメリカにいるんだなと思うと、川ひとつで国が変わるというのが島国の日本に住んでいる私としては何だかんだ不思議な気持ちでした。

すぐ近くにアメリカへ入国できるところがあり時間があれば一歩アメリカに足を踏み入れてみるのも良かったかなと思いました。

(28歳、女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-カナダ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.