海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

カナダ

定年退職記念・哀愁の熟年カナダ旅行記!

更新日:

62歳で無事に定年退職しました。

「記念に海外旅行へでも言ってみるか」と妻に言うと「カナダへ行きたい」と言うので行き先は決定。

カナダの西部でのんびり自然を楽しみたいと思いネットでツアーを捜しました。

 

当時、新型インフルが流行していてカナダも要注意と言われており申し込んだツアーが成立するかどうか心配されたのですが、どうにか成立して行ける事になりました。

成田に着いてみると参加者は10人程度、インフルのせいでキャンセルがだいぶ出たらしいのです。

成田では皆んな大きなマスクをしていてビックリ、慌ててマスクを買って出発。

 

バンクーバーまでのフライトは10時間くらいで長い、座席はエコノミーですので結構辛いのです。

エコノミー症候群にならないように時々機内を歩いたりした方が良いのですが、ワインを飲んで寝てばかりいて途中でトイレに行ったら尿が赤くてまたビックリ。

これはまずいかなと思ったのですが体調的には不具合な状態はなかったのでとりあえず無視。

バンクーバーに着いて周りを見るとマスクをしている人は誰もいません。

日本で大騒ぎしていた割には特に変わった様子はありません。

国民性の違いかなと思いましたが「インフルのせいで観光地はどこも空いています」天気にも恵まれて大ラッキー。

 

 

まず「バンデゥーセン植物園」かなり広い植物園でカナダならではの植物を楽しめました。

次が「ブッチャーガーデン」ここはブッチャート夫妻が石灰岩採石場の跡地に個人の庭として世界各地への旅行で集めた植物を植えたのが始まりという事ですが、その眺めと手入れの良さは感動ものでした。

なんとスタッフが400人も居るとか。

フェリーでビクトリアへ移動、英国風の異国情緒のある明るい街でした。次は私のリクエストのカナディアンロッキー、飛行機での移動ですが上空から見るカナディアンロッキーは行けども行けども雪をかぶった山また山でスケールの大きさを実感しました。

ロッキーの麓の国立公園を散策、湖や川や公園が綺麗に管理されていてとても爽やかな感じでした。

ここでラッキーにもインフルのせいで空いていたので、普段なら泊まれないというフェアモントのスプリングスホテルに泊まることができました。

お城のような建物で大満足。

 

翌日いよいよロッキーの氷河へ、大いに期待していたのですが、こちらは意外と期待はずれ。

雪上車で氷河の上まで行くのですが、周りの景色を観てもピンと来ません。

「今立っている所の氷の厚さは300m」と言われても実感が湧きませんでした。

やっぱり氷河は遠くから眺めている方が良いのかなと思いました。

なんとか無事に終わったツアーでしたが、何と言っても今回は新型インフルと好天に恵まれて快適なツアーを体験する事が出来て大満足でした。

(62歳 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-カナダ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.