海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

アメリカ

グアムでの新婚旅行で2人そろって胃の中の物をリバース!!

更新日:

 

新婚旅行を兼ねてグアムで挙式することにしました。

2日目に挙式の打ち合わせに行き、ドレスの試着をしました。

日本で選んだドレスのサイズが9号で、同じドレスが現地に7号しかなく、9号でも余裕があったし荷物が増えるのが嫌だったので、日本から持っていかず現地にある7号ドレスを着る段取りになっていました。

いざ着てみると、ファスナーが上まですんなり上がらず、店員さんが力ずくで上げたら「ビリッ!」という音が…。

ドレスが壊れてしまいましたが、「お好きなものを選んでいいですよ」とおっしゃって下さり、ちゃっかり高そうなドレスを選ばせてもらえてラッキーでした。

 

その後はホテルに戻り、挙式後に何をするか話し合いました。

夫婦共々マイペースな性格で具体的な旅行計画をしておらず、行けばなんとかなるさという精神でグアムに来てしまったので現地で急遽予定を詰めこみました。

ツアーデスクでパラセーリングとスキューバダイビングの体験や、クルーズディナーを申し込みました。

 

3日目は挙式を行い、昼からお酒をバンバン飲んで、夜のクルーズでも食べて飲んで最高の1日でした。

4日目は朝からパラセーリングとスキューバに行くことになっていましたが。

ホテルを出る前に、風邪をひいていた夫が風邪薬を飲もうと口に薬と水を含ませた瞬間吹き出していました。

喉の通りが悪いとたまに逆流するらしく、体調が悪そうでしたがせっかくの旅行だからということで体験ツアーに行くことにしました。

ホテルまで送迎車が迎えに来てくれましたが、現地の運転手の方がテンションが高くて「バナナボート!」と言いながらポンピングブレーキをして車を揺らされ車内は大盛り上がりでした。

 

そして船の乗り場に着き、船に乗ってパラセーリングをしました。

10組位お客さんがいましたが、私たちが最初の体験者で、恐怖心と解放感と色んな感情が混じり合って降りた時には放心状態でした。

思えば最初の車移動の時から酔っていたんだと思いますが、船も大揺れで、残りのお客さんがパラセーリングを体験しているのを待っているうちにどんどん気持ち悪くなってきてしまい、グアムの海にリバースしてしまいました。

 

 

パラセーリングの後はバナナボートに乗ることになっていたのですが、とてもそんな余裕はなく、早く陸に着いてくれ!と思っていました。

ようやく船を降りて、昼食をとった後はスキューバをやることになっていましたが、降りたらだんだん具合が良くなってきたので予定通りやることにしました。

レクチャーを受けて指示通りボンベのホースを加えた瞬間に今度は夫がリバース!

朝から調子が悪そうでしたが、風邪で喉の通りが悪いのと船酔いで、口に望まないものが入ってくるのがダメだったみたいです。

夫婦そろってグアムの海を汚してしまいました。

ガイドの方に君たちはこっちにしようと言われ、スキューバではなくヘルメットのように被るだけで潜れるアクアウォークに変更してくれました。

色とりどりの魚を間近で見られて興奮しましたが、夫はそれどころじゃなかったようです。

 

ちなみに私はこの夜「ラーメソ」と書かれたラーメン屋で食べてまたリバースしました(笑)

ある意味忘れられない新婚旅行になりました。

(29歳、女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.