海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

タイ

ドキッ!男6人の低予算タイ王国貧乏旅行エピソード!!

更新日:

 

大学の卒業旅行として、男6人でタイに行きました。

バンコクのドンムアン空港に到着後、カオサンロードで3泊、サムイ島で1泊、パンガン島で2泊しました。

バンコクでは、屋台で飲み食いし、一泊300円程度の安宿に泊まりました。

日本よりも物価が安いため、パッタイやカレーから、サソリなどまで屋台で売っているものはほとんど食べてみました。

ビールも安くておいしかったので毎晩飲みすぎてしまうほどでしたが、そうでないとサソリを口に入れるのははばかられたかもしれません。味があまり感じられなかったので、せんべいを食べている気分でした。

 

バンコク滞在中に、アユタヤまで電車で行きましたが、座席の座り心地がとても悪かったです。

夜遅くまで遊んだあとだったので、固いシートでも寝ることができましたが、万全の体調で2時間座るのはしんどいと思います。

アユタヤで2人乗りのバイクを借りて、主要な寺院をめぐりました。大仏の前でふざけた写真を撮ろうとしたら、現地の方に怒られたので、信仰心が強いのだと思います。バンコクの観光地に行けるだけ行ったあと、夜行列車とフェリーでサムイ島に向かいました。

 

 

夜更かしの疲れがたまっていたのか、この夜行列車がタイ旅行中で一番よく眠れたかもしれません。

サムイ島はリゾート感があふれていて、欧米人が多かったように思います。

ここでもバイクを借りて島中をめぐったのですが、当然整備されていない道路ばかりで、何人かケガをしてしまいました。

病院で手を縫ってもらった友人いわく、失礼だけど意外にも手際が良くて驚いたそうです。

海もとてもきれいで、もぐると魚が多く、手をケガした友人にも見せてやりたかったです。

防水だと信じていたスマホで写真を撮ろうとしましたが、海中に入れた後、電源が入ることは二度とありませんでした。

 

最後に地元の漁船のようなものでパンガン島に送ってもらいました。サムイ島以上に欧米人が多く驚きましたが、思っていたよりも仲良くしてくれる人が多かったです。

ここまでホテルは当日に現地調達していたのですが、パンガン島は小さいため、ホテルがほとんどうまっており、コテージのような僻地に泊まりました。

ここでも夜遅くまで遊んでいたので結局ホテルにはあまりいませんでした。

 

帰りも同じルートでバンコクに戻りましたが、学生の体力がないと耐えられなかったと思います。

低予算のわりには遊びつくせたので満足しました。プーケットなどには行けなかったのでまた行きたいと思います。

(22歳・男)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-タイ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.