海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

オーストリア

海外でグーグルマップ使用の重大な注意点!ウィーン行って知った

投稿日:

 

2019年1月中旬にオーストリアのウィーンへ1泊3日の弾丸一人旅をしてきました。

初めての海外旅行、初めての一人旅といろいろなものが初めてでした。もちろん航空券やホテルの手配も全て1人で行いました。

 

何故海外一人旅かというと、もともとヨーロッパの街並みが好きで、ヨーロッパへ行くのは小さい時からの夢だったというのが1つ目の理由です。

もう1つは負けず嫌いで劣等感が強かったので、何かを成し遂げられればと思ったからです。

国を何故オーストリアにしたかと言うと、変と思われるのですが日本人が苦手なので少しでも日本人観光客がいない地域を選んだのと、英語が通じる国である事、あとはやはり金銭面でした。

 

この旅は格安航空券で行ったのもあり、何カ国に経由するものでした。その為往復合わせて6回飛行機を乗り継ぎました。

疲れはしましたが、いろんな国を見れたので楽しかったです。経由した国はポーランド、オーストリア、中国で国内も地方に住んでいる為何回か乗り継ぎをしました。

成田空港も行った事がなかったので、手続きの場所などもスタッフさんに聞きながら辿り着けました。何もかも初めてだったのでよく塩梅がわからず、とにかく行ければいいやくらいのポジティブ思考でした。

 

 

その為どこに行っても搭乗口を探すのに苦労しました。

昔から方向音痴なので、きちんと目的地に向かっているつもりでも方向が違うというのはザラでした。

 

ポーランドに着いて、オーストリアに行くフライトまで40分もなかったという事で、航空券を確認して早いところ飛行機に乗り込もうと思っていたのですがそうはいきませんでした。

航空券と電光掲示板と見比べてゲートを探したのですが表記がどこにもありませんでした。

もしかしたらもう飛行機が飛んだのかなと思い焦って、係のお姉さんに聞きにいきました。

もちろん日本語が通じないので、英語力が無いながらも出した答えが「Excuse me,where is the gate⁉」でした。

 

ですがちゃんと通じたので驚きました。

英語なかなか通じないと思ったのかジェスチャーをしながらゆっくり話してくれました。

パニック状態だったので、そのような対応をして頂いて嬉しかったです。

係のお姉さんのおかげで乗り過ごす事なく行けました。

 

オーストリアに到着したらまた驚きで、看板を含めてほぼ全ての表記がドイツ語でした。

その為電車の切符売り場買うのにかなり苦労しましたが、券売機の所にいたヨーロッパ系の方々も観光客らしく、なかなか買えないでいました。

それはどこの国でも一緒なんだと感じました。

 

それからホテルに行くのにタクシーを使ったのですが、タクシーのおじさんがものすごく陽気な方で楽しかったです。

その後ホテルへ行ったり、夕食を買いに行ったりしたのですが、私が英語に不慣れな為にいろいろな方に不思議そうな顔をされてしまいました。

中学英語も出来ないという事に痛感しました。

 

翌日帰る日だったので早めに出て観光しながら帰ろうと思い、朝早くでました。

時間に余裕を持って2時間前に出たのですが迷子になりました。電車の乗り方もわからないので歩いていたのですが、グーグルマップを見ても分からなかったです。

グーグルマップを開いていても、開く度に進行方向が変わったりして全然使えなかったです。

 

ですがその後、無事に辿り着いて何とか日本に帰れました。

帰路は北京を経由したのですが、手荷物検査の時にモバイルバッテリーが入ってたらしくブザーがなった事だけが唯一のトラブルでした。

その後はわりとスムーズでした。

 

帰国後会社で効いた話なのですが、海外ではグーグルマップは使いものにならないそうです。

なので海外に行ったときはアナログでも紙の地図をもらったほうが、迷っても現地の人に教えてもらいやすいそうです。

 

いろいろなトラブルがありましたが無事に帰って来れたので良かったの一言につきます。

また機会があれば行きたいと思っています。

(26歳女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。



(※メルマガ最下部の解除リンクをクリックで、いつでも2秒で解除できます)

-オーストリア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.