海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

カンボジア タイ

バンコクからプノンペンへ陸路で移動したら案の定トラブったwww

投稿日:

 

やはり海外旅行をしているとドラブルがあった場合、後々まで印象に残っていることが多い。

タイからカンボジアへ陸路で移動した時のことである。

 

一般的にはアランヤプラテートからカンボジアへ抜けるルートが一般的で最もポピュラーであろうと思うが天邪鬼の私はトラートの方から行ってみることにした。

まず、バンコクからトラート市内へ行き一泊。

翌日、国境の町であるハートレックへ行くことに。

バスターミナルからソンテウ(乗り合いのバスというかピックアップの荷台部分を座れるように改造したものだが)に乗り国境の町ハートレックへ向かう。

私以外に地元のタイ人5人が乗り込んできたが国境まで乗っていたのは私だけであった。

出国手続きを済ませようとイミグレへ向かうと、事前の情報通り小さな男の子が近づいてきてビザの取得を代行してやると言ってきた。

 

しかし、ボラれるのを警戒して事前にビザを取得していた私は断ったが、「パスポート見せて!」と言って勝手に入国カード記入し始めた。

まあいいかと思いチップを渡してやった。

しかし、ここで思わぬことが、1日オーバーステイしていたのだ。

日数の数え間違いから罰金を払うことに。

今日まで大丈夫なはずだと思っていたのでショック、思わぬ出費で序盤から幸先悪いことに。

 

 

次はカンボジア側で入国手続きをしてココンの町を目指す。足はバイクタクシー。

運賃を聞いてココンのバスターミナルに行ってもらうことに、カンボジアの通貨に両替するために両替出来る所に寄ってもらうことに。

カンボジアでは米ドルが普通に流通しているがあいにく米ドルは持ってなかったのでタイバーツを売ってリエルを買いバスターミナルへ。

バスターミナルといっても立派なものでばない、車両も中古バスの様な古い車両ばかりだ。

 

そして、プノンペン行きのバスに乗り込みいざ出発。

明らかに中国製の中古バス、車体のあちらこちらに中国語が記載してある。

バスはほぼ満員で出発して快調に走っていたのだが山の中に入ってまさかのエンジントラブルが発生してバスは止まってしまった。

どうやら、ラジエター部分の故障なのか藪の中へ入って行き、どうやら池か川の水を汲んできたようで濁った水を布で濾過してから水を入れているのが分かった。

その間1時間くらいか、エンジンがかかって出発することに。

その間空調が止まっていたので暑かったことを覚えている。

 

しかし、再度トラブル発生。

今度は、何だ!

どうやらファンベルトが切れたようで。

代替品でファンベルを作ったようだった。修理中バスの中にいると暑くてたまらないので乗客全員バスを降りて日陰に移った。

運転手はエンジンを掛けようと何度も試みたがエンジンは動きださない、嫌だなーと思いつつ一緒に乗っていた乗客と話をしていると、「男全員こっちに来て!」と、言うので何ごとかと思うと、「バスを後ろから押してくれ!」言う、バッテリーが消耗しているのか押し掛けを試みるようとしている様だった。

 

バスの押し掛けは初めてだったが皆で何度か押してエンジンが掛かった。

あちこちから歓声が上がり出発。

故障を運転手自ら修理するカンボジア人の逞しさを感じたのだった。

もう、「止まるなよ」と思いつつその後なんとか大幅に予定時間をオーバーしてプノンペンに到着した。

すっかり辺りは真っ暗であったが気持ちは晴れ晴れとしていたことを覚えている。

(49歳 男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-カンボジア, タイ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.